2021年9月21日 (火)

モーツァルト:交響曲第41番『ジュピター』、第39番/ワルター、ニューヨーク・フィル

Img_20210921_0001

モーツァルト:交響曲第41番『ジュピター』【録音】1956年(モノラル)
モーツァルト:交響曲第39番       【録音】1953年(モノラル)

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。
いずれの曲も、コロンビア交響楽団とのステレオ録音があるが、特に交響曲第41番『ジュピター』は、後のステレオ録音よりも均整の取れた名演奏だと思う。優しさ、しなやかさ、生き生きとした輝きがあり、モダンオーケストラでの演奏における一つの模範となるもので、このモノラル録音はステレオ録音より優れている。
また、交響曲第41番『ジュピター』には1945年のSP盤時代にもニューヨーク・フィルとの録音があるが、弦楽器の優しさ、しなやかさでは、音質の良さも含めて1956年の方が良い。

第39番は1953年録音という事もあって、音質的に第41番『ジュピター』より若干劣る。この演奏も最晩年のステレオ録音より引き締まっていて、ニューヨーク・フィルの上手さもあって捨てがたい演奏である。

このCDでは、新たにリマスターはなされていないが、かなり音質が良く、特に交響曲第41番『ジュピター』は左右に広がりが無いだけで楽器の質感や表情はステレオ録音に劣らない。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

モーツァルト レクイエム/ワルター、ニューヨーク・フィル 他

Img_20210916_0001

モーツァルト:レクイエム

イルムガルト・ゼーフリート(ソプラノ)
ジェニー・トゥーレル(アルト)
レオポルド・シモノー(テノール)
ウィリアム・ウォーフィールド(バス)

ウェストミンスター合唱団

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック

【録音】1956年(モノラル)

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。
この音源は、ステレオ時代になった後も名演奏として評価が高かったもの。歌手もよく揃っており、現代の古楽器演奏とは異なる荘厳さ、重厚さとエネルギッシュな感じを併せ持ったものだ。録音から65年を経てなお輝きを失わない素晴らしいものだという事が、このCDを聴いて改めて実感出来た。ワルターにはモーツァルトのレクイエムの録音が戦前のも含め他にもあるが、ステレオ録音では残さなかった。この録音は、その中でも録音を含め、一番良いものだと思う。

この音源はブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクションの発売にあたってリマスターし直されていて、弦楽器や声楽の音色や重厚な感じが聴いてとれるようになり、音質はかなり良くなっている。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月14日 (火)

ハイドン 交響曲 第102番、第96番『奇蹟』/ワルター、ニューヨーク・フィル

Img_20210913_0001

ハイドン
交響曲第102番    【録音】1953年(モノラル)
交響曲第96番『奇蹟』 【録音】1954年(モノラル)

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。
モノラル録音のみ。いずれの演奏も良い演奏で、これがステレオ録音だったなら、現在もかなり人気があっただろう。ハイドンの交響曲でブルーノ・ワルターのステレオ・スタジオ録音で残されたのは第88番、第100番『軍隊』のみで102番、96番はモノラルのみである。

音質は、1953年、54年のモノラル録音としてはかなり良い。モノラルだからと避けて通るのがもったいないと思う。新たにリマスターはなされていない。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月10日 (金)

モーツァルト 管弦楽・序曲集『ミラベルの庭園にて』/ワルター、コロンビア交響楽団

Img_20210909_0001

モーツァルト:

アイネ・クライネ・ナハトムジーク
6つのメヌエットより 第5番
12のメヌエットより 第1番
3つのドイツ舞曲
フリーメーソンのための葬送曲
歌劇『魔笛』序曲
歌劇『フィガロの結婚』序曲
歌劇『皇帝ティートの慈悲』序曲
歌劇『劇場支配人』序曲

ブルーノ・ワルター(指揮)コロンビア交響楽団

【録音】1954年(モノラル)

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。
このモーツァルトの管弦楽・序曲集は『ミラベルの庭園にて』という邦題で発売されたもの。後に、大部分の曲がステレオ録音されて同様に発売されたが、両者を聴き比べてみると全体的にはこのモノラル録音のものの方が優れていると思う。ワルターの指揮する音楽が、「微笑みを忘れない、慈愛に満ちた」と語られるイメージは、この『ミラベルの庭園にて』の名演奏の影響も大きいと思われるし、ワルターが素晴らしいモーツァルト指揮者であった事がよくわかる録音である。

新たにリマスターはしなおされていないが、音質はとても良く復刻されており、モノラル録音のために左右への広がりが無い事を除けば、純粋に音楽を楽しむのに不満は無い。ステレオ録音しか聴かない人も、この盤はぜひ一度聴いてみることをお薦めしたい。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月 7日 (火)

モーツァルト 交響曲第36番『リンツ』/ワルター、コロンビア交響楽団

Img_20210906_0001

モーツァルト:交響曲第36番ハ長調『リンツ』
モーツァルト:交響曲第36番ハ長調『リンツ』より リハーサル風景

ブルーノ・ワルター(指揮)コロンビア交響楽団
【録音】1955年

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。

このモノラル録音の交響曲第36番『リンツ』は、素晴らしい名演で後にステレオで録音された同曲の演奏を上回ると思う。アンサンブルが緻密で、今となっては古いスタイルのロマンチックな表現ではあるが、適切なメリハリとしなやかな表現力があり、録音されて65年以上経つが全く色あせていない。音質も素晴らしく、モノラル録音で音に広がりが無い以外は後のステレオ録音に対して遜色無い状態である。

リハーサル風景も貴重な録音で、同じ部分を指示を与えながら繰り返す事で音楽がどんどん変わっていき、良くなっていくのがわかる。指揮者と団員のやりとりの声や楽譜をめくる音までしっかり記録されていて、音質も相当に良い。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年9月 3日 (金)

モーツァルト 交響曲 25番、28番、29番/ワルター、コロンビア交響楽団

Img_20210902_0001

モーツァルト:交響曲第25番

モーツァルト:交響曲第28番

モーツァルト:交響曲第29番

ブルーノ・ワルター(指揮)コロンビア交響楽団

【録音】1954年(モノラル)

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。
ブルーノ・ワルターによるモーツァルトの交響曲のスタジオ録音は、ステレオで行われたのは後期の交響曲、35番「ハフナー」、36番「リンツ」、38番「プラハ」、39番、40番、41番「ジュピター」の6曲だけであり、25番、28番、29番はモノラル録音のみである。モノラルなのが残念であるが、この3曲は相当な名演である。当時、1956年がモーツァルト生誕200年であったので、どこのレーベルでもそれを記念した発売をしたくてモーツァルトの録音は多かった。

音質的にはかなり良い。ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の発売にあたっては、新たにリマスターされなおした音源も多いが、この音源に関してはリマスターはされ直されていない。しかし、2011年に発売されたブルーノ・ワルター・コンダクツ・モーツァルトという6枚組のセットの中の同一音源と比較して聴いてみると、今回のザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)では、弦楽器の音が自然で、中低域が分厚く聴きやすい。ブルーノ・ワルター・コンダクツ・モーツァルト(6CD)では、弦楽器が明るくなりすぎ、薄っぺらでピラピラした感じで、明らかに劣って聴こえた。

ブルーノ・ワルター・コンダクツ・モーツァルト(6CD)2011年発売の同一音源のCDジャケット

Img_20210902_0002


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年8月31日 (火)

マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』他/ワルター、ニューヨーク・フィル

Img_20210830_0001

マーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』【録音】1954年

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック

 

ブルックナー:テ・デウム     【録音】1953年

フランセス・イーンド(ソプラノ)
マーサ・リプトン(メゾ・ソプラノ)
デイヴィッド・ロイド(テノール)
マック・ハレル(バス)

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック 
ウェストミンスター合唱団

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。
ブルーノ・ワルターによるマーラー:交響曲第1番ニ長調『巨人』は、コロンビア交響楽団とのステレオ録音が素晴らしい名演であると思う。しかし、演奏内容はニューヨーク・フィルハーモニックとのモノラル録音も勝るとも劣らない。むしろ、オーケストラの統率はこちらの方が優れている。ただし、1954年のモノラル録音と1961年のステレオ録音の両者を比べると音質面でどうしても劣る。コロンビア交響楽団との『巨人』は、ワルターが残したステレオ録音の中でも音質の良さで上位にランクされると思うから尚更だ。ブルックナー:テ・デウムにはステレオ録音が無いので貴重な記録である。

音質に関しては、1953年、1954年のモノラル録音としては水準以上の音質で大変良いものだと思う。この音源は、ベートーヴェンやブラームスの交響曲のように新たにリマスターはなされていない。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年8月27日 (金)

ブラームス 管弦楽曲集/ワルター、ニューヨーク・フィル

Img_20210819_0001_20210826104101

ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲   【録音】1953年
ブラームス:悲劇的序曲           【録音】1953年
ブラームス:大学祝典序曲          【録音】1951年
ブラームス:ハンガリー舞曲第17, 1, 3, 10番 【録音】1951年

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。
ワルターのブラームスは、これらのモノラル録音の管弦楽曲でも優しさに溢れていて、しなやかで美しく音楽に対して愛情が感じられる。
ハイドンの主題による変奏曲と大学祝典序曲以外はステレオ録音が無いので、貴重な記録である。ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション では、交響曲1~4番とともに、3枚のCDのセットの紙ジャケ仕様になっていた。

録音は1951年、1953年に分かれているが両者にほとんど音質的違いはない。70年近く前の古い録音がかなり聴きやすい音質で蘇っている。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年8月24日 (火)

ブラームス 交響曲 第3番、第4番/ワルター、ニューヨーク・フィルハーモニック

Img_20210819_0001_20210823110101

ブラームス:交響曲第3番
【録音】1953年

ブラームス:交響曲第4番
【録音】1951年

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。
スイスイと運ぶような推進力と若々しさも感じられるような第3番はコロンビア交響楽団とのステレオ録音とは違う魅力を感じる事ができる演奏。

ワルターは、ブラームスの4つの交響曲の中で第4番を際立って得意にしていたようで、コロンビア交響楽団とのステレオ録音は名盤中の名盤であるが、そのテイストはこの1951年とのニューヨーク・フィルハーモニックとの録音にも随所に感じられる。ただし、録音も含めてステレオ盤に一歩譲る感じは否めない。

ブラームスの交響曲の第1番から第3番までは1953年12月の録音で、第4番だけは1951年2月だが、音質そのものは大きなクオリティの違いはないように感じた。新しくリマスターがなされて音質はかなり良くなって聴きやすい。テープ由来のノイズはあえて積極的に消すことはせず、そのまま残されているが、気になるほどの大きなノイズは無い。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2021年8月20日 (金)

ブラームス 交響曲 第1番、第2番/ワルター、ニューヨーク・フィル

Img_20210819_0001

ブラームス:交響曲第1番
ブラームス:交響曲第2番

ブルーノ・ワルター(指揮)ニューヨーク・フィルハーモニック

【録音】1953年

ブルーノ・ワルター: ザ・コンプリート・コロンビア・アルバム・コレクション (77CD)の中の1枚。

ブラームスの4曲の交響曲と管弦楽曲は3枚セットで、この写真の紙ジャケに収まっている。

演奏は、第2番の方がワルターの芸風にマッチしているようで、優れているように思う。第1番はもっと厳しさや情熱がある演奏の方が良い。1953年12月末の時期に録音されたこの2つの交響曲は、リマスターのおかげか、音質的に肉厚感と楽器の質感が増して聴きやすくなっている。
ステレオ期の録音よりFレンジは狭いが、古臭さはあまり感じない。モノラル期のワルターのブラームスが良い音で蘇っているのが嬉しい。


にほんブログ村

| | コメント (0)

«ベートーヴェン 交響曲第5番、第1番/ワルター、ニュヨーク・フィル