2019年5月24日 (金)

ムソルグスキー 展覧会の絵 ストラヴィンスキー ペトルーシュカから3つの踊り/ギユー(オルガン)(180g重量盤LPレコード)

Swscan00873

Swscan00874

5月19日 秋葉原近くの損保会館での「アナログオーディオフェア2019」の即売会場で入手したLPレコードの1枚。このLPレコードは現在は廃盤扱いになっている。即売会場のキングインターナショナルのブースでのお買い得コーナーで、未使用新品盤を格安で売っていたので入手してみたのだ。この音源はSACDでも発売されていて、そちらはまだ入手可能のようである。

1988年の録音で、1990年代前半にオーディオ誌を発行しているStero Sound社が輸入元になって、DORIAN RecordingsレーベルのCDを取り扱っていた。DORIAN RecordingsのCDは音質が良く、私も何枚か入手して今も所有しているものもある。この音源は、オルガンの32フィート菅から出される16Hzの重低音をノンカットで収録していることで、殊更オーディオ・ファイルたちに有名な音源であった。

DORIAN Recordingsは21世紀に入ってからSONO LUMINUSレーベルに吸収されたが、香港のSILKROAD MUSICレーベルがライセンス契約を結び、発売されたのがこのLPレコード。プレスはドイツで行われており、マスタリング、カッティングは優秀であり、一昨年、"Homage to Sarasate", Rachel Barton Pine(180g重量盤LP2枚組)を入手して、このレーベルのLPレコードのプレスや音質には信用があった。

"http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2017/12/homage-to-saras.html

オルガニストのジャン・ギユーが編曲を行い演奏されたこのLPレコードは、通常の管弦楽版やピアノ版とは異なる趣がある。大音量でぐんぐん迫ってくるような感じではなく、大きなホールで響きを大事にしたオルガンならではの演奏。LPレコードでも相当に低い音まで入っている。しかしながら、オーディオチェックに最適なだけではなく演奏も良いのではあるが、拙宅の再生装置では重低音を充分に再現することが出来ず、不本意な感じが残る。


にほんブログ村

 

 

 

| | コメント (0)

2019年5月21日 (火)

映画「ベン・ハー」より ベン・ハー序曲/サヴィーナ、ローマ交響楽団

Swscan00868

Swscan00869

5月19日(日)に、秋葉原近くの損保会館で開催されていたアナログオーディオフェア2019に行ってきた。そのイベントで貰った中古レコードがこれ。予め、各座席に1枚ずつドーナツ盤(中古盤で座席ごとに異なる盤)が置かれていた。私の座席に置かれていて貰ってきた盤がこれである。そのイベントというのは、「拘りの真空管アンプ&バリレラカートリッジでドーナツ盤、モノーラルLP、SPレコードを聴く 誠文堂新光社主催 講師:柳沢正史 ゲスト:ジャズ歌手 瀬戸カオリ」で、柳沢正史氏設計製作のRCA845シングルアンプを用い、1950年代のジャズ・ヴォーカルを中心にアナログ盤を聴いた後に、この再生装置を使って瀬戸カオリさんの生カラオケが聴けるという趣向だった。柳沢正史氏によるイベントは、機会があるたびに何回も拝聴したが、氏ならではの世界があって面白かった。

映画「ベン・ハー」(1959年版)は、あまりにも有名で、アカデミー賞11部門受賞し、この映画音楽を担当したミクロス・ローザは劇映画音楽賞 を受賞している。そのサウンドトラックのドーナツ盤がこれ。ユーチューブにも有ったので埋め込んでおく。

このイベントの講師である柳沢正史氏は、700本以上のCMの演出を手がけ、映画音楽にも造詣が深い。そして、こんな本を出されている。
Swscan00871

イベント終了後、直売会場で何枚かのLPレコードとこの本を買って帰ってきた。映画好きな人に是非ともお薦めしたい本である。映画に使われた名曲の紹介と、その映画のあらすじやどのようなシーンで名曲が使われたかなどがエッセイ風に書かれている。

アナログオーディオフェアは、レコードプレーヤーなどのハード機器を実際に見て音が聴けるというだけではなく、知らなかったアナログレコード盤に出会えるという意味でも貴重なイベントである。他のオーディオフェアと比べれば規模は小さいが、若い方や女性の見学者もちらほら見られ、年寄りばかりの真空管オーディオフェアとは異なると感じた。


にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年5月17日 (金)

メンデルスゾーン 真夏の夜の夢/マーク、ロンドン交響楽団

Swscan00865

Swscan00867

先日ご紹介した、交響曲第3番「スコットランド」、フィンガルの洞窟と対になるようなペーター・マークの名盤である。収録時間の関係で、現在発売されているCDでは、交響曲第3番「スコットランド」と真夏の夜の夢がカップリングされて1枚に収録されていて、フィンガルの洞窟は省かれている。

こちらは、スーパーアナログディスクではなく、現在も新品で入手できるSpeaker Cornersが復刻した180gの重量盤である。音色の濃さや音がうわばみみたいにならないところは、スーパーアナログディスクと全く異なる。マスター・テープをそのままカットするのではなく、入念なマスタリングが施されている。私的にはSpeaker Cornersの方が良い復刻であると感じる。マスタリング、プレスはドイツで行われている。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年5月14日 (火)

メンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」、フィンガルの洞窟/マーク、ロンドン交響楽団

Swscan00861

Swscan00863

1959年録音のDECCA音源をキングレコードが1988年に180gの重量盤で復刻したスーパーアナログディスクの1枚。購入して30年以上が経過したものだが、久しぶりに聴いてみてノイズもほとんど無く楽しんで聴けた。

ペーター・マークは、モーツアルトが得意だったが、このメンデルスゾーン 交響曲第3番「スコットランド」、フィンガルの洞窟も、若々しく颯爽とした瑞々しい響きと感情移入で聴かせてくれるもので、録音から60年を経ても命脈を保っている名演奏だと思う。

スーパーアナログディスクの音質は評価が分かれるものだと思う。当時、私はほとんどのスーパーアナログディスクをリアルタイムで出れば買って聴いていたが、手元に残っているのは半分もない。英国盤と比べると音色が淡白で美しい響きで敵わないものが多い。しかしながら、Fレンジは広い。それは測定データにも現れている。

以下は、レコードに入っていたスーパーアナログディスクのテクニカルデータの抜粋である。
Swscan00864

1KHzの方形波をカッティングした状態の再生波形で、通常のLPレコードでは立ち上がりが丸まっているのに、スーパーアナログディスクは方形波の立ち上がりがほぼそのまま再現されている。これは20KHz以上がカットされているCDでは到底無理で、45KHz位までは記録出来ていることを示している。それは、マルチビット・デジタルではサンプリング周波数が90KHz以上でないと無理な芸当である。

スーパーアナログディスクは、私的に当たり外れが大きかった。それは、マスタリングという工程を経ずに、マスターテープから直接何もいじらずにカッティングしていたからじゃないかと思う。今の復刻盤はCDであれハイレゾであれSACDであれ、マスタリングして劣化した部分が目立たないように加工しているのだが、その工程が無いのである。逆にマスターテープの状態が良くバランスも良いものであれば、加工が無いだけ鮮明さで上回るはずなのだが。


にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年5月10日 (金)

ベートーヴェン ピアノ協奏曲全集/内田、ラトル、ベルリンフィル

Bphr180241_uchida_rattle_beethoven

収録内容
ピアノ協奏曲第1番 録音: 2010年 2月 4日
ピアノ協奏曲第2番 録音: 2010年 2月10日
ピアノ協奏曲第3番 録音: 2010年 2月10日
ピアノ協奏曲第4番 録音: 2010年 2月20日
ピアノ協奏曲第5番 録音: 2010年 2月14日

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
サー・サイモン・ラトル(指揮)
内田光子(ピアノ)
録音場所:ベルリン、フィルハーモニー(ライヴ)
48kHz/24bitダウンロード版

2018年11月に発売されたこの音源は、CD3枚とブルーレイディスク2枚の入った豪華な装丁のものはダウンロードコードが付くなど様々な特典付きで¥10800であるが、ダウンロード版は¥3500。また、ダウンロードは無期限に何回でも出来るので、データのバックアップに神経質になる必要がない。

この演奏は素晴らしい。ピアノは闊達に自由に美しく弾かれ、ベルリンフィルは、まさに鉄壁のアンサンブルで対抗している。ライブならではのスリリングな感じが伝わってくる。当初はコンサートの記録用だったライブ録音であるが、音質もかなり良く、ビット深度がCDの16bitではなく24bitであることも音質の良さに大きく寄与していると思われる。ベルリンフィルが、敢えてこの録音を発売したのは、英断であったと思うし、発売に同意したソリストの内田光子さんも満足のいく演奏だったのではないかと思う。

私は、この音源に限らずベルリンフィル・レコーディングスのハイレゾ音源のコンテンツを高く評価している。演奏も音質も高水準なものばかりだ。

ベルリンフィルレコーディングスの音楽ソフトのサイト
https://www.berliner-philharmoniker-recordings.com/audio.html

アカウントを取れば、日本円でダウンロードコンテンツが購入出来る。


にほんブログ村

 

 

| | コメント (0)

2019年5月 7日 (火)

バッハ 無伴奏ヴァイオリンソナタ1番、パルティータ1番/ミルシテイン(モノラルLPレコード)

Swscan00859

Swscan00860

ナタン・ミルシテインはバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」全曲を2度録音しているが、このLPレコードは1950年代半ばにキャピトル・レーベルに録音したもので、フランス・パテ・マルコニーのプレスの盤である。オリジナルの米国盤は3枚がセットでボックスに入っていたが、フランス盤は全曲を3枚バラで発売していてソナタ2番とパルティータ2番の1枚だけは持っていた。ソナタ3番、パルティータ3番は、まだ手元にない。ネットオークションで私が思ったのよりもかなり格安に入手出来て、なおかつ、盤の状態も普通に聴いて音楽を楽しむことが出来る良いコンディションのものであった。

ミルシテインは、レコードで聴くヴァイオリニストの中でも私の特にお気に入りで、中でも1970年代にドイチェ・グラモフォンに録音したものは、どれも愛聴盤である。1970年代録音のバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」全曲は、円熟した技巧の上に、より透明感と美しさが際立って素晴らしいが、この1950年代録音のものも、LPレコードで聴く限りでは1970年代の録音に引けをとらない。CDで聴いた時には、その音質の影響もあってか、それほど感銘は受けない。それ故に、この録音はLPレコードで聴きたいのだが、いかんせん、中古盤の実勢価格が高い。残るソナタ3番、パルティータ3番もリーズナブルな出物が有ったなら入手したいと思う。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年5月 3日 (金)

Passione /アンドレア・ボチェッリ(180g重量盤LP2枚組)

Swscan00852

Swscan00855

この音源は、CDは確か2013年頃発売されたと思う。そして、この高音質アナログレコードが2015年に限定発売された。アンドレア・ボチェッリはイタリア出身の盲目のテノール歌手である。盲目であるのだがオペラへの出演経験も有るし、クラシックからポップスまで幅広く歌っている。このアルバムはジャズやポップス系の曲を歌っているもので、アレンジも良い。クラシックとジャズあるいはポップスのクロスオーバーのような感じの音楽である。

収録曲目は以下の通り

Swscan00856

2015年に発売されたこのLPレコードだが、最近、地元の中古レコード屋でかなり安い値段で新古盤として売られていた。もちろん、未開封の新品。そして、購入した動機が、マスタリングをバーニー・グランドマンがやっているから、音質が良いんじゃないかと思ったから。下のシールに記載があるとおり、バーニー・グランドマンの名前がある。

Swscan00854

レコード盤の内側の無音溝の部分に、手書きでBGの文字があり、まさしくバーニー・グランドマンのカッティングしたレコードであることを確認した。1990年代に発売されたClassc Recordsという高音質な復刻盤専門のレーベルから発売されたジャズの名盤やRCA Living StereoのレコードにもBGの手書きがあって、通常の再発盤や復刻盤よりもずっと音質が良かった。このレコードもかなり高音質で、アナログレコードならではの良い音質で楽しむ事が出来るので、安かったこともあって何か得した気分である。

ネットで、このLPレコードを検索したら、まだ、本来の値段の60%オフくらいの値段で新品のレコードが買えるところがある。興味の有る方は、ご自分で検索して見つけてください。少なくとも、音質や盤質で失望することは無いと思う。


にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年4月30日 (火)

ベルリーニ 夢遊病の女 全曲 デ・マルキ&スキンティッラ管、バルトリ、フローレス、他

Scan10002

本日は平成31年4月30日、つまり平成最後の日である。平成が終わり令和の時代に変わるのを機に、平成時代に発売された音楽ソフトで、マイ・ベスト盤は何かを考えてみた。しかし、なかなか適当な候補が挙がらなかった。好きな音源は、ほとんどが昭和の時代に録音され発売されたものだからだ。1980年代末から今までのものに限定しても、購入したソフトは数多いのだけれど、様々な同曲異盤を聴いてみると、昔のアナログ録音時代のものが良いやとなるものが多い。加えて、この頃に、カラヤン、バーンスタインなどの巨匠と言われた指揮者が没している。

私は、常々、100年以上の音楽録音パッケージを考えたとき、クラシック音楽が一番輝いていたのは、1955年を中心として±25年の50年間、すなわち1930年から1980年くらいまでで、1930年以前と1980年以後は、「たいやき」で言えば頭と尻尾、一番おいしいあんこがいっぱい詰まったところが1955年を中心として±25年の50年間だと思っている。丸々、昭和時代じゃないか。

そんな中で、こんな音源を平成30年間のマイ・ベストに挙げるなんてと、自分でもおかしいんじゃないか、と思うが、漸くこれだと思ったCDがこれ。

ベルリーニの「夢遊病の女」というオペラは、イタリア・ベルカント・オペラの中でも重要な作品なのにもかかわらず、古今を見渡してもそれほど多くの録音がない。古い録音ではあるが、マリア・カラス/ヴォットー盤が未だに捨てられないのではあるが、いかんせん録音が古すぎるし、演奏スタイルも古い。2007年(平成19年)録音のこの盤は、チェチーリア・バルトリとファン・ディエゴ・フローレス、実力者2人の共演で、普通ならソプラノが歌うはずのアミーナをメゾ・ソプラノが歌い、非常に良い演奏であり歌唱で、とても楽しめる盤である。この二人が歌う二重唱は本当に美しく素晴らしい。オーケストラが古楽器の団体であるということで、ベルリーニの活躍していた19世紀前半は、たぶんこうだったのではないかという、楽しい想像も出来る。アミーナという役は、当時はバルトリのようなメゾ・ソプラノのような声の歌手が歌っていたのではないだろうかと想像できる。ベカントオペラまでの時代は、歌劇場も小さくて、ことさら大きな声を張り上げなくても良く、歌手の声の美しさを際立足せることが出来る。19世紀後半以降のグランド・オペラのように規模が大きくなった状況では、逆に良さが消されてしまった部分もあったのではないかと思うし、そのあたりをこの盤は上手く残して復刻してくれた、そんな感じがするものだ。

このソフトはCDだけれども、音質も良くオーディオ的にも満足できる。愛聴盤の一つである。


にほんブログ村

 

| | コメント (0)

2019年4月26日 (金)

ポール・モーリア グレイテスト・ヒッツ24(2枚組LPレコード)

Swscan00805

Swscan00808

知人より、CD化を依頼された1970年代後半に発売された2枚組のLPレコード。映画音楽やポップスなどをピアノとオーケストラで演奏するように編曲して演奏されたものが多い。軽く口当たりの良いメロディーライン、品の良い美しさがあるので、多くの人に愛されたのだろう。

CDRのケースのジャケットは、レコードのジャケットを帯付きのままスキャンして表面にし、裏面は下の曲目を印刷してみた。こちらは、レコードジャケットに有った曲目の部分を編集して作ったもの。

Swscan00807

CDRには、レコードのレーベルを印刷した。LP2枚全部で70分台で収まったのでCDR1枚にこの24曲が全て収まった。こういった音楽は、本格的に音楽と対峙して聴くのではなく、気楽にながら聴きするのにも適した音楽だから、CDなどで気軽に聴けた方が良いと思う。


にほんブログ村

| | コメント (0)

2019年4月23日 (火)

モーツァルト 歌劇「ドンジョヴァンニ」/クレンペラー、ニュー・フィルハーモニア管(TOWER RECORDS Definition Series SACD/CDハイブリッド盤)

Dsc_0240

2019年3月に発売され、4月5日にこのブログで書いた、モーツァルト 歌劇「ドンジョヴァンニ」/クレンペラー、ニュー・フィルハーモニア管のTOWER RECORDS Definition Series SACD/CDハイブリッド盤であるが、解説書の中に15ページ終わりの部分に欠落があり、新しい欠落の無い解説書が送られてきた。

写真には、解説書が2部写っているが、1つは欠落のあるものと、もう1つは欠落のない新たに送られてきたものである。


欠落部分は

「ングン回転させて努力も惜しまずあの手この手で口説」

という僅かこれだけの文章だけだ。場合によっては、シールとかそのページのみの差し替え用の紙を用意しても良かったんじゃないかと思われるが、TOWER RECORDSの対応は違った。丸々作り直した新しい解説書を送ってきて、欠落のある解説書は処分してください、送り返す必要はありません。という事らしい。

安いオペラのCDセットの場合、多くは対訳は付かない。それは、SACDやCDをプレスするよりも、対訳の付いたリブレットを制作する方がよっぽどコストがかかるからだ。だから、新しい解説書を印刷し直して送ってきたりしたら、おそらく、この800部限定のSACD/CDセットのTOWER RECORDS の利益はほとんど吹っ飛んでしまったんじゃないかと心配する。それでも、新しい解説書を印刷し直したのは、ハイレゾなどのダウンロードやストリーミング配信に比べて、SACDやCDのセットの利点が解説書や装丁などを含め、物としての価値であることをTOWER RECORDSの担当者たちが良く理解しているからだと思う。

この対応に対して賛辞を送りたい。TOWER RECORDSさん、ありがとう。そして、私は、欠落のある解説書も大事にしようと思う。こちらの解説書は、英国盤のLPレコードのボックスの中に入れて保存しようと思う。英国盤のLPレコードには、日本語対訳は付いていないから。


にほんブログ村

| | コメント (0)

«バッハ チェロ(ガンバ)・ソナタ集/フルニエ、ルージチコヴァ(LPレコード)