« スタディ・イン・ブラウン | トップページ | フランスへのオマージュ/ディー・ディー・ブリッジウォーター »

2007年6月 4日 (月)

ザ・フェイブリアス・ジョセフィン・ベーカー

Josephinebaker ジョセフィン・ベーカーは、アメリカ・セントルイス生まれでパリに渡って大成功した偉大なジャズ歌手でありシャンソン歌手である。昨夜は彼女の101回目の誕生日であったので、彼女の歌を沢山聴いた。

彼女の最も有名な歌は1930年の「二つの愛:J'AI DEUX AMOURS」で、この曲は完全にスタンダードナンバーとなっている。彼女について詳しくは、以下をご覧になれば参考になる。

http://search.yahoo.co.jp/search?fr=slv1-wave&p=%a5%b8%a5%e7%a5%bb%a5%d5%a5%a3%a5%f3%a1%a1%a5%d9%a1%bc%a5%ab%a1%bc

補足だが、子供の頃、あまりに貧しく冬に暖をとるための薪もなく家の中で動き回ることで寒さを凌いだことが、踊り子になるきっかけだった。1956年に一旦引退し、戦災孤児を養育することに専念しようとするが、その養育資金を得るためにカムバックした。また、1972年7月にも来日公演を行っている。このCDは、1959年-60年の録音で、カムバックした時の公演のレビュー「恋のパリ:PARIS MES AMOURS」からの曲が何曲か入っている。

The Fabulious Josephine Baker  米RCA 09026-61668-2

|

« スタディ・イン・ブラウン | トップページ | フランスへのオマージュ/ディー・ディー・ブリッジウォーター »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/214002/15310542

この記事へのトラックバック一覧です: ザ・フェイブリアス・ジョセフィン・ベーカー:

« スタディ・イン・ブラウン | トップページ | フランスへのオマージュ/ディー・ディー・ブリッジウォーター »