« クライスラー自作自演集 | トップページ | バッハ オーボエ、オーボエダモーレ協奏曲/ホリガー »

2007年6月20日 (水)

コンプリート・ライヴ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード/ビル・エヴァンス

Evans このCDは、1961年6月25日、ニューヨークのヴィレッジ・ヴァンガードのライヴで演奏されたものだ。3枚組のセットだが、この録音から「ワルツ・フォー・デビイ」などジャズ史上屈指の名盤が生まれた。

演奏途中で停電したのかケーブルが外れたのかわからないが、途中、録音が切れてしまっているようなテイクも収められており、文字通りコンプリート盤である。通常盤を聴くのとはまた違った感銘がある。

エヴァンスのピアノは冴えているし、スコット・ラファロのベースも良い。ライヴ録音だが音質もすこぶる良くてライヴハウスの雰囲気まで伝わってくるようなCDだ。

|

« クライスラー自作自演集 | トップページ | バッハ オーボエ、オーボエダモーレ協奏曲/ホリガー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クライスラー自作自演集 | トップページ | バッハ オーボエ、オーボエダモーレ協奏曲/ホリガー »