« ローラ・フィジィー/ラテン・タッチ | トップページ | シュアシング/ジョン・アルトマン・ウイズ・ジョアン・ヴィスカント »

2007年6月 9日 (土)

コロラトゥーラの芸術/エディタ・グルベローヴァ

Gruberova このCDは、超絶技巧を必要とするオペラアリアや歌曲ばかりが入っている。ソプラノの非常に高い声とそれを自在にあやつる技術というのは、鍛錬された歌手でも容易ではない。

83年の録音だからグルベローヴァはまだ30歳代の若いころのものであり、実はLPレコードも持っている。長年の愛聴盤だ。彼女は20世紀の最後の四半世紀のあいだずっとコロラトゥーラソプラノとして第一線で歌ってきた。何度か実演も聴いたが、一度も期待を裏切ることは無かった。

|

« ローラ・フィジィー/ラテン・タッチ | トップページ | シュアシング/ジョン・アルトマン・ウイズ・ジョアン・ヴィスカント »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ローラ・フィジィー/ラテン・タッチ | トップページ | シュアシング/ジョン・アルトマン・ウイズ・ジョアン・ヴィスカント »