« チャイコフスキー、メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲/チョン・キョンファ | トップページ | 1990年チャイコフスキー・コンクール・ガラ・コンサート・ライヴ »

2007年6月25日 (月)

チャイコフスキー、メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲/ミルシティン

P1010006 この演奏は、一種の悟りの境地にあるような感じがする。他の演奏と比べて俗な感じがせず、我々とは住んでいる世界が全く違うようなもので、演奏を聞いている間には、その世界を堪能できるような、そんな演奏だ。ある意味、ムター/プレヴィン盤とは全く対極にある演奏。

同じ曲の違う盤をいくつも買う理由がわからないという人が居るが、名曲というものは、様々な違った名演奏をいくつも聴いてはじめて発見することや、もっと好きになる場合も多いのだ。これはCDでも出ているが、とてもご機嫌に鳴るLPがあるからいまだに購入していない。

|

« チャイコフスキー、メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲/チョン・キョンファ | トップページ | 1990年チャイコフスキー・コンクール・ガラ・コンサート・ライヴ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チャイコフスキー、メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲/チョン・キョンファ | トップページ | 1990年チャイコフスキー・コンクール・ガラ・コンサート・ライヴ »