« バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ/ポッジャー | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ/ヘンデル »

2007年8月 9日 (木)

バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ/寺神戸

20070801120631 このCDも、古楽器で演奏されたもので、バロックヴァイオリンによる演奏の中では昨日ご紹介したポッジャー盤と双璧ともいえる名盤である。

寺神戸亮は、もうすでに古楽器ヴァイオリン奏者として大家といえるような沢山の録音をし(そのいずれもが名盤の誉れ高いものばかりである)、指揮もするようになった。

この演奏は、非常に自然体で奇をてらったところがなく、それが古楽器のヴァイオリンの音色のすっきりした美しさを際立たせている。録音も良い。

|

« バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ/ポッジャー | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ/ヘンデル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ/ポッジャー | トップページ | バッハ 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ/ヘンデル »