« マーラー交響曲9番/ジュリーニ・シカゴ交響楽団 | トップページ | ロドリーゴ 管弦楽作品集6  »

2007年9月 4日 (火)

ロス・アンヘルス/オーベルニュの歌・他

P1010004 オーベルニュの歌は美しい声、片意地張らない清楚さが必要だと思うが、ロス・アンヘルスの声やその芸術性は、この歌を歌うのにふさわしい。また、彼女は母国のスペイン語のみならず数カ国の言葉を話すことができたという。フランス語も違和感はない。

ロス・アンヘルスといえば、バルセロナオリンピックの開会式のときに歌ったのを覚えている人も多いだろう。すでにかなりの高齢だったが矍鑠として若いときと変らないような歌声を披露していた。

これは、左のが70年代の英国盤(オリジナル盤だと思うが確実なことはわからない)、右が数年前に発売された復刻重量盤のLPである。どちらでも楽しめる。

この曲はキリ・テ・カナワのはこちらでご紹介済み。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2007/06/post_9ec4.html

|

« マーラー交響曲9番/ジュリーニ・シカゴ交響楽団 | トップページ | ロドリーゴ 管弦楽作品集6  »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーラー交響曲9番/ジュリーニ・シカゴ交響楽団 | トップページ | ロドリーゴ 管弦楽作品集6  »