« ロルツィング 水の精 /ヘーガー | トップページ | ショパン ノクターン集/ポリーニ »

2007年9月29日 (土)

オスカー・シュトラウス  ワルツの夢/マッテス

P1010003 オスカー・シュトラウス Oscar Straus (1870~1954)の「ワルツの夢」というオペレッタも、オペラ、オペレッタの数ある名作の中ではB級、C級かもしれない。しかし、私はこのレコードは大好きだ。楽しんで聴ける。

70年代前半の西ドイツ・エレクトローラ録音なので、これがオリジナル盤である。アンネリーゼ・ローテンベルガー、エッダ・モーザー、ブリギッテ・ファスベンダー、ニコライ・ゲッダという豪華キャストである。女声陣が充実しているし、何といってもニコライ・ゲッダの「ロイトナント・ニキ」が絶品である。

P1010004 レーベルは金色である。このレーベルは70年代前半のもので、この後になると赤くて小さな切手型の「蓄音機と犬」のレーベルになり、盤が薄くなるしジャケットや箱も豪華ではなくなってしまう。このレーベルの、ドイツ・オーストリア系の音楽でドイツのオーケストラでドイツで録音されたものは、良いものが多い。本レコードもそんな1枚である。国内盤のLPや現在手に入るEMIミッドプライスシリーズのCDは、このLPセットに比べて音質が劣るので、比べてしまうと聴く気にならない。

|

« ロルツィング 水の精 /ヘーガー | トップページ | ショパン ノクターン集/ポリーニ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロルツィング 水の精 /ヘーガー | トップページ | ショパン ノクターン集/ポリーニ »