« ショパン ノクターン集/ポリーニ | トップページ | ツィゴイネルワイゼン他/諏訪内 »

2007年10月 2日 (火)

サラサーテ ツィゴイネルワイゼン/サラサーテ自作自演

20071002085958 パブロ・デ・サラサーテ(1844~1908)は、19世紀最大のヴァイオリニストかもしれない。このツィゴイネルワイゼンの録音は、1904年、亡くなる4年前のものだ。100年前の録音であるので音質は非常に貧しいが、作曲者の自作自演であることで貴重なものである。ノイズの中から聴こえる音楽を一生懸命聴き取るようにしなければいけないが、長いレコード音楽の歴史を考えると、自分のコレクションの中にこういったものもあって良いと思う。オリジナルのSP盤は非常に希少で高価であるので持っていない。

これは、17cmのレコード盤で、1980年の鈴木清順監督の映画「ツィゴイネルワイゼン」のサントラ盤で、A面にこのサラサーテの自作自演が収められている。セピア色のレトロな感じのデザインで、非常に凝っているものだ。

ジャケットに蓄音機があるが、これはビクターのI-90型ではなかろうか?昭和初期の卓上型蓄音機の名機で、初期のものは米国製、後期のものはゼンマイやサウンドボックスなどのメカ部分のみ米国製で木製のキャビネットは日本製の高級品であった。

|

« ショパン ノクターン集/ポリーニ | トップページ | ツィゴイネルワイゼン他/諏訪内 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

サラサーテ自作自演のSP盤は人気の曲は比較的多く欧州のGRAMOPHONE(発売時期によりレコーディングエンジェルマークとドッグマーク)、アメリカ大陸(カナダ、合衆国)共にVICTOR、国内プレス日本ビクター等録音したフランスでの発売品にこだわらなければ安めに買えます。¥30000~40000で、このくらいのアーティストでは、このくらいで安い事になります。自分はフランス盤が11枚にロシア盤1枚、ドイツ盤と、国内プレスが共に2枚所持しておりますが、海外から取り寄せますと¥35000位の価格で購入出来ました。但しショパン作曲サラサーテ編曲のノクターン9ー2だけはフランス盤しか発売されなかったので最低でも¥50000はします。手に入りにくいのはこの、ノクターンとカプリスホタで、サパテアードは少なく貴重だと古い書籍に記されていたので、国内の店によっては高いですが、実は数回のプレスの記録が有り海外では案外安価で、自分も初版以外のものと複数所持をしております。

投稿: フワフワのフワボー | 2021年5月 9日 (日) 08時55分

オリジナルの自演SPレコードで聴きたいが,予算を安く抑えたい方々へ.サラサーテの演奏した物は,フランスパテー兄弟社の筒形レコードにツィゴイネルワイゼンと英国が本社であったようであるGRAMOPHONE社のフランス録音の物が10枚有ります.値の張るこのレーベルでしか無い曲は仕方が無いので,予算をこちらに取っておき,他の系列レーベルでもプレス発売された曲は,其の方が安い場合が多いので,そちらのレーベルのレコードを買って行けば善いのです.有名なツィゴイネルワイゼンでありますならば,バッハ作曲無伴奏パルティータ3番のプレリュードと,自作のイントロダクションとタランテラの3曲4面は,日本ビクターの盤でしたら比較的安く買えます.だからといって¥30000以下で買うのは難しいでしょう.自作のハバネラ,ミラマールソルチコ,イントロダクションとカプリスバスク,等はUSAーVictorで見付かると比較的安く買えます.欧州のドイツ盤で見付かる事も有ります.全て蓄音機の音を聴いているテリア犬のマークの盤です.残りの3曲3面はオリジナルのフランス盤でしか無いのではと思われる物です.ショパン作曲サラサーテ編曲のノクターン9ー2,サパテアード,イントロダクションとカプリスホタです.サパテアードは少ないと噂されておりましたが,実はそれほどでもなく,2ndプレス等も有りまして,海外では国内ほどの高額ではなく¥40000以下で見付かる事も有ります.イントロダクションとカプリスホタは自演レコードで一番見付からなかった曲でした.ショパンのノクターンは500枚を初版の初回発売だけで廃盤になったと云われる物ですから,¥50000以上海外ででも致します.国内ででは¥150000以上云われる店も有ります.高く値を付ける店では,ハバネラやイントロダクションとタランテラ等ででもフランス盤のレコードでしたら¥130000付けている店も見掛けました.確かに苦労をして現地まで買いに行って輸送費等も保険を掛けて,費用は掛かっているでしょうが,また特に珍しいレコードや,限定商品等も有りますが,一般的な値を付けている店の倍ですので,待つゆとりが無かったり,高所得で金額に糸目を付けない方以外の,一般庶民の方々でこの時代の高名な演奏家のレコードを集められて,聴かれるならば,無駄使いを避けて良心的な店舗で,暴利を貪っている店で購入は控えれば,その分の浮いた予算で別の演奏家のレコードが買える余裕に成ります.

投稿: ラファエルロング | 2021年7月 3日 (土) 19時45分

オリジナルの自演SPレコードで聴きたいが,予算を安く抑えたい方々へ.サラサーテの演奏した物は,フランスパテー兄弟社の筒形レコードにツィゴイネルワイゼンと英国が本社であったようであるGRAMOPHONE社のフランス録音の物が10枚有ります.値の張るこのレーベルでしか無い曲は仕方が無いので,予算をこちらに取っておき,他の系列レーベルでもプレス発売された曲は,其の方が安い場合が多いので,そちらのレーベルのレコードを買って行けば善いのです.有名なツィゴイネルワイゼンでありますならば,バッハ作曲無伴奏パルティータ3番のプレリュードと,自作のイントロダクションとタランテラの3曲4面は,日本ビクターの盤でしたら比較的安く買えます.だからといって¥30000以下で買うのは難しいでしょう.自作のハバネラ,ミラマールソルチコ,イントロダクションとカプリスバスク,等はUSAーVictorで見付かると比較的安く買えます.欧州のドイツ盤で見付かる事も有ります.全て蓄音機の音を聴いているテリア犬のマークの盤です.残りの3曲3面はオリジナルのフランス盤でしか無いのではと思われる物です.ショパン作曲サラサーテ編曲のノクターン9ー2,サパテアード,イントロダクションとカプリスホタです.サパテアードは少ないと噂されておりましたが,実はそれほどでもなく,2ndプレス等も有りまして,海外では国内ほどの高額ではなく¥40000以下で見付かる事も有ります.イントロダクションとカプリスホタは自演レコードで一番見付からなかった曲でした.ショパンのノクターンは500枚を初版の初回発売だけで廃盤になったと云われる物ですから,¥50000以上海外ででも致します.国内ででは¥150000以上云われる店も有ります.高く値を付ける店では,ハバネラやイントロダクションとタランテラ等ででもフランス盤のレコードでしたら¥130000付けている店も見掛けました.確かに苦労をして現地まで買いに行って輸送費等も保険を掛けて,費用は掛かっているでしょうが,また特に珍しいレコードや,限定商品等も有りますが,一般的な値を付けている店の倍ですので,待つゆとりが無かったり,高所得で金額に糸目を付けない方以外の,一般庶民の方々でこの時代の高名な演奏家のレコードを集められて,聴かれるならば,無駄使いを避けて良心的な店舗で,暴利を貪っている店で購入は控えれば,その分の浮いた予算で別の演奏家のレコードが買える余裕に成ります.

投稿: ラファエルロング | 2021年7月 3日 (土) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ショパン ノクターン集/ポリーニ | トップページ | ツィゴイネルワイゼン他/諏訪内 »