« メンデルスゾーン、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲/オークレールVn ロベルト・ワーグナー インスブルック交響楽団 | トップページ | ライヴ ダイレクト・トゥ・ディスク/フラメンコ・フィーバー »

2007年11月19日 (月)

モーツァルト、ウェーバー クラリネット協奏曲/ライスターcl クーベリック ベルリンフィル

Leister これは、60年代後半のカール・ライスターによる2曲のクラリネット協奏曲のLPで、オリジナル盤だ。学生の頃、国内廉価盤を買い、その後、手ごろな値段でオリジナル盤を見かけたので買ってみて、その音質の違いに驚いた。ジャケもこの当時のドイチェ・グラモフォンは非常に綺麗な写真を使い、コレクションするのにもそそられるようなものが多かった。

このLPでは、モーツァルトよりもウェーバーの方が、彫が深くて重厚なライスターやベルリンフィルの音楽性に適しているようで好ましい。尚、60年代のドイチェ・グラモフォンやアルヒーフのLPは、なかなか良い音で鳴らすのが難しい。アナログ・プレーヤー系の調整をしていって、これらのLPが違和感なく鳴るようになったら、調整は完了したということだ、と教えてくれたのは、IKEDA 9カートリッジの設計者である池田勇氏である。

|

« メンデルスゾーン、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲/オークレールVn ロベルト・ワーグナー インスブルック交響楽団 | トップページ | ライヴ ダイレクト・トゥ・ディスク/フラメンコ・フィーバー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メンデルスゾーン、チャイコフスキーヴァイオリン協奏曲/オークレールVn ロベルト・ワーグナー インスブルック交響楽団 | トップページ | ライヴ ダイレクト・トゥ・ディスク/フラメンコ・フィーバー »