« ワーグナー パルジファル クナッパーツブッシュ 1962年バイロイト・ライヴ | トップページ | リムスキー・コルサコフ シェヘラザード/コンドラシン アムステルダムコンセルトヘボウo. »

2007年11月15日 (木)

リムスキー・コルサコフ シェヘラザード/アンセルメ スイスロマンド管弦楽団

P1010006 これは、英DECCA SXL2268初版である。最初は国内の通常盤を買い、キング・スーパーアナログディスクを買い、そしてオリジナル盤に到達してしまった。だが、オリジナル盤が上手く鳴るのには条件がある。この当時のDECCAのオリジナル盤は、低域も高域も伸びていない。下は50Hzくらいから上は13000Hzくらいまでで、HiFi感を出すために、低域、高域の特定の帯域を少し持ち上げてその両端がストンと落ちているようになっている。だからむやみに広い帯域の再生が出来る装置で聴くと、その当時の操作がもろわかりになってしまう。やはり帯域を欲張らない丸針で再生した方が良い。当時は、ラインコンタクト針はおろか楕円針も無かったのだから。

P1010008 これは同じ音源のキング・スーパー・アナログ・ディスクである。キング・スーパー・アナログ・ディスクのシリーズは、約10年にわたって沢山のDECCA/LONDONのクラシック音源のものが発売されたが、これはかなり音が良いほうである。

アンセルメ/スイスロマンド管弦楽団のシェヘラザードは長いことこの曲のスタンダードな名演として評価されてきたし、私もこの演奏はとても好きである。CDでも発売されているが、私個人としてはやはりLPレコードで聴きたい。

|

« ワーグナー パルジファル クナッパーツブッシュ 1962年バイロイト・ライヴ | トップページ | リムスキー・コルサコフ シェヘラザード/コンドラシン アムステルダムコンセルトヘボウo. »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ワーグナー パルジファル クナッパーツブッシュ 1962年バイロイト・ライヴ | トップページ | リムスキー・コルサコフ シェヘラザード/コンドラシン アムステルダムコンセルトヘボウo. »