« モーツァルト セレナーデ11番、グリーグ 4つの抒情小品 :シカゴ・シンフォニー・ウィンズ | トップページ | ラインスドルフ ロサンゼルスフィルのダイレクトカッティング盤 »

2007年11月22日 (木)

グローイング・アップ・イン・ハリウッド・タウン/リンカーン・マヨルガ、アマンダ・マックブルーム

P1010003 Sheffield Labというダイレクト・カッティングのレーベルは、ポピュラー音楽のLPもダイレクトカッティングしたものを出していた。このLPがその1枚である。

尚、リンカーン・マヨルガはピアニストであるが、Sheffield Labのプロデューサーでもある。昨日ご紹介したシカゴ・シンフォニー・ウィンズのLPは、リンカーン・マヨルガのプロデュースで、レコーディング・エンジニアは、ダグ・サックスという良い録音良いマスタリングをすることで有名な人である。

|

« モーツァルト セレナーデ11番、グリーグ 4つの抒情小品 :シカゴ・シンフォニー・ウィンズ | トップページ | ラインスドルフ ロサンゼルスフィルのダイレクトカッティング盤 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト セレナーデ11番、グリーグ 4つの抒情小品 :シカゴ・シンフォニー・ウィンズ | トップページ | ラインスドルフ ロサンゼルスフィルのダイレクトカッティング盤 »