« マーラー 交響曲4番 /ライナー シカゴ交響楽団 | トップページ | フィードラーのオッフェンバック:バレエ『パリの喜び』 »

2007年11月29日 (木)

ファン・エイク 笛の楽園 ボスグラーフ(リコーダー)

20071128151353 今年も、あと1ヶ月とちょっとを残すだけとなった。今年のソフトの購入はCDが約100タイトル余り、中には69枚のボックスもあるので、実質300枚程度、LPが20タイトル30枚程度であろうか。

その中で、価格が安くて、演奏が良くて音も良いという三拍子揃った盤というとこれになる。3枚組だが、通常の輸入盤新譜CD1枚分で買える。

ファン・エイクは、17世紀初め頃の作曲家で、リコーダーやフルートで演奏される曲が多い。この作曲家の曲で拙宅にあるものでは、フランス・ブリュッヘンやハンス・マルティン・リンデによるものが、わずかに何曲か入っているLPがあるだけで、これだけまとまったものは持っていなかった。

レーベルは、安い大型ボックスを出していることで有名なBrilliant Classicsである。このレーベルから出ている音源はそれこそ玉石混交、演奏も録音も良いものもあればそうでないものもある。このCDは2006年12月の新録音で2007年7月に出たばかりのものだ。

オーディオショップの試聴会に持ち込んで、音にうるさいマニアの方々に聴いていただいても、気に入った方が多くて、タイトル、CD番号をメモしていた方もいた。値段が高くて演奏も音質も良いのは当たり前、これは安いのが良い。大型量販店ならどこにでもある盤だと思うが、HMVの通販サイトをリンクしておく。

http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=2547662

|

« マーラー 交響曲4番 /ライナー シカゴ交響楽団 | トップページ | フィードラーのオッフェンバック:バレエ『パリの喜び』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーラー 交響曲4番 /ライナー シカゴ交響楽団 | トップページ | フィードラーのオッフェンバック:バレエ『パリの喜び』 »