« ベートーベン 交響曲5番/エーリッヒ・クライバー、アムステルダム・コンセルトヘボウ | トップページ | モーツァルト クラリネット五重奏曲/マイヤー、フィルハーモニア・クァルテット・ベルリン »

2008年1月28日 (月)

モーツァルト、ブラームス クラリネット五重奏曲 エリック・ホープリッチ(バセット・クラリネット)

20080128090656 このCDは、モーツァルトとブラームスのクラリネット五重奏曲という、2つの名曲がカップリングされているが、モダン楽器ではなく、ピリオド楽器でのものだ。

エリック・ホープリッチは、バセット・ホルン、クラリネットの名手としてだけでなく、18世紀オーケストラのメンバーで構成されるアンサンブル「ナハトムジーク」を主催するなど、ピリオド楽器を用いた演奏活動をしている。もちろん、ブリュッヘン&18世紀オーケストラとも共演している人だ。

また、ロンドン・ハイドン弦楽四重奏団はガット弦とバロック弓を使用する若手の団体で、ピリオド楽器で演奏されたこれら名曲はどんなだろうという興味があった。やはり、楽器の響きや細かい部分がモダン楽器での名盤とはかなり異なる。

GLOSSA  GCD 920607

|

« ベートーベン 交響曲5番/エーリッヒ・クライバー、アムステルダム・コンセルトヘボウ | トップページ | モーツァルト クラリネット五重奏曲/マイヤー、フィルハーモニア・クァルテット・ベルリン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーベン 交響曲5番/エーリッヒ・クライバー、アムステルダム・コンセルトヘボウ | トップページ | モーツァルト クラリネット五重奏曲/マイヤー、フィルハーモニア・クァルテット・ベルリン »