« グラン・シャンソン/ジュリエット・グレコ | トップページ | ラモー コンセールによるクラヴサン曲集/ポッジャー、ピノック、マンサン »

2008年2月 7日 (木)

デュエット&アリア/アラーニャ、ゲオルギュウ

20080128101246 このCDは、テノールのロベルト・アラーニャ、ソプラノのアンジェラ・ゲオルギュウが仲むつまじかった頃の1996年の録音である。1997年のMETの日本公演のロビーで見かけたときには、二人はぴったり肩を寄せ合って一緒に居た。そんな熱々だった頃のものである。

もうあれから10年以上が経つ。時の過ぎるのは早く、世の中も変っていく。二人は離婚してこのCDも廃盤になったようだが、このCDを聴くと、愛の二重唱などは二人の実力以上に、何か熱に冒されたように聴こえてしまう。音楽や芸術には嘘はつけないのだ。アンジェラ・ゲオルギュウも悪くないが、ロベルト・アラーニャのリリコな声が特に素晴らしい。

|

« グラン・シャンソン/ジュリエット・グレコ | トップページ | ラモー コンセールによるクラヴサン曲集/ポッジャー、ピノック、マンサン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グラン・シャンソン/ジュリエット・グレコ | トップページ | ラモー コンセールによるクラヴサン曲集/ポッジャー、ピノック、マンサン »