« デュエット&アリア/アラーニャ、ゲオルギュウ | トップページ | バッハ トリオソナタ集/フロリレジウム »

2008年2月 8日 (金)

ラモー コンセールによるクラヴサン曲集/ポッジャー、ピノック、マンサン

20080128101532 ジャン・フィリップ・ラモーは、18世紀前半に活躍したオペラを沢山つくった作曲家だが、唯一の室内楽作品がこのコンセールによるクラヴサン曲集で、ヴァイオリン、クラヴサン(チェンバロ)、ヴィオラ・ダ・ガンバによるものだ。

この演奏では、チェンバロのピノックが主導権をとり、それにポッジャーの活き活きとフレッシュに歌うヴァイオリンと、ふくよかで深みのある音色のマンサンのヴィオラ・ダ・ガンバがからみあい、小規模ながら素晴らしいアンサンブルを構成している。録音も良い。

channel classics CCS19098

|

« デュエット&アリア/アラーニャ、ゲオルギュウ | トップページ | バッハ トリオソナタ集/フロリレジウム »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« デュエット&アリア/アラーニャ、ゲオルギュウ | トップページ | バッハ トリオソナタ集/フロリレジウム »