« モーツァルト トルコ行進曲他/マリア・ジョアオ・ピリス | トップページ | アニー・ロスは歌う! »

2008年2月 4日 (月)

モニカ・ゼッテルンド/ザ・ロスト・テープ

20080128102123 これは、Larry Hi Fi在日代表さんが、私のホームページのteacupの掲示板の方にジャケ写真を載せてくれたCDである。

96年の発売で、すでに廃盤になっていたので、普通のCD屋にはどこにも無かった。いろいろ探し回ってやっとこさ手に入れたが、何のことは無い、ヤフオクで「ロスト・テープ」で検索したら、何枚か出品されていたので、一番安いのに入札してゲット。ネットの便利さを改めて感じた。

モニカ・ゼッテルンドは、スウェーデンのジャズ歌手で、かなりのベテランであるが、彼女が1959年11月から1960年3月にかけてイギリスとアメリカへ渡った、その時若干22歳でのニューヨークの録音だが、運の悪いことにレコーディングしたレコード会社がこの後倒産し、マスターテープが行方不明になってしまったらしい。過去に海賊盤のLPで発売されたらしいが、このCDはスウェーデンに保管されていたオリジナル・マスター・テープからおこされた正規のCDであり、1960年の録音としては音質はなかなか良い。

幻の録音というものの多くは、話題だけが先行し内容が伴わないものもあるが、これは全くの例外である。発音が少しおかしいとか多少気になるところもあるが、ジャズのスタンダードを堂々と歌い、この人ならではの天性のものなのか、非常に魅力的なのである。

不本意ながら、こんなに素晴らしいCDを今まで知らなかったのだが、紹介してくださったLarry Hi Fi在日代表さんには、あらためてお礼を言いたい。また、このCDは現在廃盤だが、BMGビクターにはぜひ、復活発売をお願いしたいものだ。

|

« モーツァルト トルコ行進曲他/マリア・ジョアオ・ピリス | トップページ | アニー・ロスは歌う! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト トルコ行進曲他/マリア・ジョアオ・ピリス | トップページ | アニー・ロスは歌う! »