« ラモー コンセールによるクラヴサン曲集/ポッジャー、ピノック、マンサン | トップページ | フールズ・ラッシュ・イン/モニカ・ルイス »

2008年2月 9日 (土)

バッハ トリオソナタ集/フロリレジウム

20080128101710 このCDもChannnel Classicsから発売されているCDで、レイチェル・ポッジャーという女流バロック・ヴァイオリニストの参加するフロリレジウムという若手古楽アンサンブルの演奏で、4人或いは6人で演奏され、「音楽のささげ物」と、真作のBWV1039のほか、偽作の疑いがあるBWV1037、1038も入っていて、大バッハのトリオソナタの完全全集となっている。

演奏は闊達でしなやかで、割と新しい1998年の録音で音質も良い。

レイチェル・ポッジャーは、バッハの「無伴奏ヴァイオリンソナタとパルティータ」の録音で一躍有名になったが、このような小編成の室内楽でも、私には好印象だ。

cannnel classics CCS14598

|

« ラモー コンセールによるクラヴサン曲集/ポッジャー、ピノック、マンサン | トップページ | フールズ・ラッシュ・イン/モニカ・ルイス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラモー コンセールによるクラヴサン曲集/ポッジャー、ピノック、マンサン | トップページ | フールズ・ラッシュ・イン/モニカ・ルイス »