« バッハ ヴァイオリンソナタ集 /ツィンマーマン、パーチェ | トップページ | バッハ 無伴奏チェロ組曲/鈴木秀美 »

2008年3月 4日 (火)

モーツァルト 交響曲35,36,38番/スイトナー、シュターツカペレ・ドレスデン

20080225133258 このCDは、1970年ごろの東ドイツETERNA録音で、LPは国内盤が、徳間と東芝に別れて発売されていた。徳間のETERNA盤は、東独ETERNAから直接音源を供給されていたのに対し、東芝はEMIを介して供給されていたので、音源の鮮度に違いがあったのであろう。徳間から出た、39、40、41番などは今もLPが手持ちにあるが、音質はかなり良くてオーディオ的にも楽しめる。

それに対して、35番「ハフナー」36番、38番の東芝から出ていた廉価なセラフィム盤は、音が悪かったのを覚えている。演奏は、非常に勢いがありキビキビとした感じで、この3曲の中では「ハフナー」が一番好きであった。

今、このCDで「ハフナー」を聴くと、演奏自体がかなり荒っぽく感じて、LPで聴いた時のような感銘がない。どうしてだろうか?

|

« バッハ ヴァイオリンソナタ集 /ツィンマーマン、パーチェ | トップページ | バッハ 無伴奏チェロ組曲/鈴木秀美 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バッハ ヴァイオリンソナタ集 /ツィンマーマン、パーチェ | トップページ | バッハ 無伴奏チェロ組曲/鈴木秀美 »