« AUDIOPHILE FEMAIL VOICES 2008 | トップページ | ヴィヴァルディ:協奏曲集 作品7/イタリア合奏団、シェレンベルガー »

2008年4月21日 (月)

イタリア・オペラ・アリア集/ナタリー・デッセイ

20080418175008 このCDは、ナタリー・デッセイによるベルカント・オペラ・アリア集といえるものである。ナタリー・デッセイの得意なレパートリーの多くはコロラチューラであったが、声の質の変化や年齢的な変化によって、レパートリー自体変化してきている。コロラチューラのレパートリーは、あと数年したら歌えなくなるのではないか、という感じがする。

現在のこの人の声は、ベルカントオペラを歌うのに適していて、先日ご紹介したネトレプコや大御所グルベェローヴァでは時として声が異質に感じるようなことがあるが、この人の場合は全くない。素晴らしいCDであると思うので、強力に推薦したい。

曲目

ヴェルディ:『椿姫』第1幕~ ああ、そはかの人か

ベルリーニ:『清教徒』第2幕~ 狂乱の場

ドニゼッティ:『マリア・ストゥアルダ』第1幕~ ああ、清らかな愛が私を祭壇に導くとき

ヴェルディ:『リゴレット』第1幕~ 慕わしい人の名は

ベルリーニ:『カプレーティとモンテッキ』第1幕~ 私はこうして晴れの衣装を着せられ…ああ、いくたび

ドニゼッティ:『ランメルモールのルチア』第2幕~ 狂乱の場

透明感のある録音で、舞台が見えるような広がりのある音場感があり音質が良いのも、デッセイの歌声を堪能するのに格好である。これは、ヨーロッパ盤だけで2種類出ていて、高い方はDVD付きである。私は安いほうの通常盤を買った。

http://www.hmv.co.jp/Product/detail.asp?sku=2635645

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2635644

|

« AUDIOPHILE FEMAIL VOICES 2008 | トップページ | ヴィヴァルディ:協奏曲集 作品7/イタリア合奏団、シェレンベルガー »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« AUDIOPHILE FEMAIL VOICES 2008 | トップページ | ヴィヴァルディ:協奏曲集 作品7/イタリア合奏団、シェレンベルガー »