« Zauberflote-harmoniemusik: Munchner Blaserakademie | トップページ | Die Berliner Spielen Salonmusik »

2008年5月28日 (水)

ビゼー ローマ組曲、交響曲1番/ガルデルリ ミュンヘン放送o.

P1010002 ビゼーは、「カルメン」や「アルルの女」で有名だが、交響曲も書いている。交響曲1番はまだ20歳前の若い頃の作品であり、「ローマ組曲」は、1860年61年に書かれ1871年に改訂された。交響的幻想曲「ローマの思い出」(3曲)に交響曲「イタリア」の構想からスケルツォと葬送行進曲のスケルツォを書き加えられたりしたからだ。

交響曲1番はフレッシュでしなやかなビゼーらしい佳曲である。そのため、古今の名盤が何枚かあるが、「ローマ組曲」の方がレコードは少ないと思う。両方聴けるこの盤は貴重だ。これも石丸ソフト3で今月買ったLPで、未開封新品で¥500だった。

|

« Zauberflote-harmoniemusik: Munchner Blaserakademie | トップページ | Die Berliner Spielen Salonmusik »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Zauberflote-harmoniemusik: Munchner Blaserakademie | トップページ | Die Berliner Spielen Salonmusik »