« ブラームス 交響曲1番 バーンスタイン、ウィーンフィル | トップページ | モーツァルト集/ハスキル »

2008年5月 7日 (水)

J.S.バッハ コウヒー、農民、結婚カンタータ 他/アメルング、ニムスゲルン、コレギウムアウレム

20080502145020 このCDは、1960年代に録音されたコレギウム・アウレム合奏団のもので、まだ若かったエリー・アメリングがソプラノパートを歌っているバッハの世俗カンタータ集の2枚組である。

購入したのは1990年代の中ごろで、2枚組で2400円と当時としてはかなり安くなったときのものだ。国内盤LPでも持っていたが、そちらは処分してしまって現在は手元にない。

この録音の魅力は、第一にアメリングの歌唱である。それと同時に、当時のコレギウム・アウレムのメンバーが凄い。ハンス・マルティン・リンデ、グスタフ・レオンハルトなど、古楽器界を背負ってたつような人たちが加わって、古楽器オーケストラの創成期を盛り上げていたのだ。

コレギウム・アウレムの演奏は、現時点で見ると時代が違う感じはする。でも、この録音がなされた当時としては革新的な演奏だったのだと思うし、彼らなしでは現代の古楽器の隆盛は無かったと思う。

|

« ブラームス 交響曲1番 バーンスタイン、ウィーンフィル | トップページ | モーツァルト集/ハスキル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラームス 交響曲1番 バーンスタイン、ウィーンフィル | トップページ | モーツァルト集/ハスキル »