« ヘンデル 水上の音楽/ピノック、イングリッシュ・コンサート | トップページ | カントルーブ オーベルニュの歌 第二集/キリ・テ・カナワ »

2008年5月17日 (土)

ヴェルディ プッチーニアリア集/キリ・テ・カナワ

P1010013 このLPは、キリ・テ・カナワの絶頂期に録音された、ヴェルディとプッチーニのアリア集で、オーケストラはプリッチャード/ロンドンフィルによるものだ。

この頃のキリ・テ・カナワは、ビロードで包み込むような美しい、しなやかでふくよかな声で、人気が高かった。ニュージーランドのマオリ族の血を引く彼女は、今は英国に帰化しデイムの称号を授与されている。

オペラでは、モーツァルトが得意であったが、今このLPでヴェルディやプッチーニを聴いても全く違和感がない。優れた歌唱のレコードである。

|

« ヘンデル 水上の音楽/ピノック、イングリッシュ・コンサート | トップページ | カントルーブ オーベルニュの歌 第二集/キリ・テ・カナワ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヘンデル 水上の音楽/ピノック、イングリッシュ・コンサート | トップページ | カントルーブ オーベルニュの歌 第二集/キリ・テ・カナワ »