« ブラームス ヴァイオリン協奏曲/ハイフェッツ | トップページ | シベリウス、プロコフィエフ、グラズノフ ヴァイオリン協奏曲/ハイフェッツ »

2008年6月16日 (月)

二重協奏曲集/ハイフェッツ他

20080606182650 このCDは、バッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲」、モーツァルト「シンフォニア・コンチェルタンテ」、ブラームス「二重協奏曲」がカップリングされている。どれも二重協奏曲という形の音楽で、ハイフェッツのヴァイオリンと相役となる楽器と奏者が異なるものが1つのCDにまとめられて、これはこれで非常に楽しめる。SACD/CDハイブリッド盤ともジャケットは共通である。

20080610103845 相役の独奏者は、バッハの場合はフリードマンによるヴァイオリン、モーツァルトの場合はプリムローズによるヴィオラ、ブラームスの場合にはピアティゴルスキーによるチェロである。これらの演奏も1950年代から1960年代初めの頃のもので非常に古く、ブーンというハムやアナログマスターテープ由来のヒスノイズが少し気になる箇所もあるが、総じて音質はかなり良い復刻だと思う。ノイズが気になるからという理由でマスタリング段階で目立たないように処理するだけでかなり音質は劣化するので、こういった処理をせずに発売してくれる方が私としては有難い。

|

« ブラームス ヴァイオリン協奏曲/ハイフェッツ | トップページ | シベリウス、プロコフィエフ、グラズノフ ヴァイオリン協奏曲/ハイフェッツ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラームス ヴァイオリン協奏曲/ハイフェッツ | トップページ | シベリウス、プロコフィエフ、グラズノフ ヴァイオリン協奏曲/ハイフェッツ »