« rodrigo y gabriela | トップページ | プッチーニ ラ・ボエーム/トスカニーニ NBC交響楽団他 »

2008年6月 6日 (金)

ヴェルディ、プッチーニオペラアリア集/レオンタイン・プライス

20080604131852 これは、1959年~60年のレオンタイン・プライスのRCAへの初録音の復刻で、SACD/CDハイブリッド盤である。

レオンタイン・プライスは、おそらく黒人ソプラノとして有名になった初めての人ではないだろうか。美しく豊潤でかつしなやかな声は、カラヤンをも魅了し、「トスカ」や「カルメン」録音時の主役を務めた。この盤を聴くと、本当に優れた歌手であったことが良くわかる。

私はまだSACDプレーヤーを持っていない。CDしか聴けない環境であってもこの盤の良さはわかる。CD層のみを聴いても90年代に発売されていたCDよりも音質は向上している。

|

« rodrigo y gabriela | トップページ | プッチーニ ラ・ボエーム/トスカニーニ NBC交響楽団他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« rodrigo y gabriela | トップページ | プッチーニ ラ・ボエーム/トスカニーニ NBC交響楽団他 »