« アン・プラグド/エリック・クラプトン | トップページ | バッハ 管弦楽組曲/コレギウム・アウレム »

2008年7月10日 (木)

ヘンデル 水上の音楽/セル ロンドン交響楽団

P1010005 これは、ジョージ・セルがロンドン・シンフォニーを振った「水上の音楽」で、モダン・オーケストラによる管弦楽版なので、スケールが大きく聴こえる。普段、古楽器による最近のデジタル録音のCDを聴いていると、この演奏は、また違った意味で新鮮な感じを受ける。

ところで、上のLPレコードは英デッカのオリジナル盤である。今、いくらぐらいするんでしょうね?

P1010006 こちらは、全く同じ音源のLPレコードだけれども、1990年代初め頃に日ポリドールの企画でドイツで再プレスされた180gの復刻盤である。新しい設計のカートリッジで聴くのなら、オリジナル盤よりこちらの方が楽しめる。

|

« アン・プラグド/エリック・クラプトン | トップページ | バッハ 管弦楽組曲/コレギウム・アウレム »

音楽」カテゴリの記事

コメント

黄金のアンコールさん>

はじめまして。
というか、Kitagawaさんトコでちょろっとお世話になっている”ガチョウ倶楽部”です。

当盤はぼくの座右盤でして、いま時期よく聴きたくなります。今日も仕事中この盤を思い出して口ずさんでいたくらい。
表題作だけではなく、”ラルゴ”も素晴しいですね。
さて、さっそくぼくも聴いて・・・と思ったのはイイのですが、先日海外から届いたレコードの山々を整理しなくては、足の踏み場もありません。
黄金のアンコールさん、ぼくの分まで聴いておいてくださいなcoldsweats01

投稿: ガチョウ倶楽部 | 2008年7月22日 (火) 17時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アン・プラグド/エリック・クラプトン | トップページ | バッハ 管弦楽組曲/コレギウム・アウレム »