« モーツァルト ダ・ポンテ・オペラ三部作/ド・ビリー、ウィーン放送so. | トップページ | プッチーニ ラ・ボエーム/パッパーノ、フィルハーモニア管、アラーニャ、ヴァドゥーヴァ他 »

2008年8月 9日 (土)

プッチーニ ボエーム/ゲオルギュー、アラーニャ、シャイー、スカラ座

20080808174254 このCDセットが目下のところ、音質が良くて演奏内容も満足できるものである。本盤は1999年の録音であるので、かれこれ9年も経つのかと改めて時の過ぎ行く早さを感じている。SACDでも出ている数少ない新しい録音でのオペラ全曲盤であるが、輸入盤の通常CDであっても、その音質の良さは良くわかる。

シャイー、スカラ座というイタリア人指揮者によってイタリア一番のオペラ座がやっているので、他国の録音のものと違い違和感がない。強いて不満を挙げると、ゲオルギューの歌が国籍不明な感じがする。が、彼女は東欧出身なので仕方が無い。この不満は非常に贅沢な不満であり、ゲオルギューの歌唱も見事なものだ。アラーニャは、ラテン系の血を引き、しかもこれ以前からのリリコな声に加えて力強い表現もできるようになっていて、このオペラでのロドルフォ役にはうってつけであり、実際、この盤で聴ける彼の歌は素晴らしい。

|

« モーツァルト ダ・ポンテ・オペラ三部作/ド・ビリー、ウィーン放送so. | トップページ | プッチーニ ラ・ボエーム/パッパーノ、フィルハーモニア管、アラーニャ、ヴァドゥーヴァ他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モーツァルト ダ・ポンテ・オペラ三部作/ド・ビリー、ウィーン放送so. | トップページ | プッチーニ ラ・ボエーム/パッパーノ、フィルハーモニア管、アラーニャ、ヴァドゥーヴァ他 »