« プッチーニ ラ・ボエーム/カラヤン ベルリンフィル、パヴァロッティ、フレーニ | トップページ | プッチーニ ラ・ボエーム/セラフィン、聖チェチーリア音楽院、テバルディ、ベルゴンツィ他 »

2008年8月18日 (月)

プッチーニ ラ・ボエーム/シッパース、ローマ歌劇場、フレーニ、ゲッダ他

012 このLPレコードは、フレーニがまだ若かった1964年の録音のもので、先日ご紹介した、パヴァロッティ、カラヤン盤の時と比べてスケールや表現力で及ばないが、フレーニの若いころの初々しさ、可愛さが魅力で、総合的にはこの盤より良いレコードはいくらでもあるがいまだ手放せないレコードである。

シッパース/ローマ歌劇場もなかなか好演しているし、ニコライ・ゲッダは幾分国籍不明な感じがするが、その声の質はロドルフォ役にも適しているように思う。

尚、この盤は英国EMIプレスの第3版の黄色切手犬レーベルである。私の装置では、このレーベルのLPレコードは非常に美味く鳴る。大抵の同じ音源の復刻CDは音質で及ばない。

|

« プッチーニ ラ・ボエーム/カラヤン ベルリンフィル、パヴァロッティ、フレーニ | トップページ | プッチーニ ラ・ボエーム/セラフィン、聖チェチーリア音楽院、テバルディ、ベルゴンツィ他 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« プッチーニ ラ・ボエーム/カラヤン ベルリンフィル、パヴァロッティ、フレーニ | トップページ | プッチーニ ラ・ボエーム/セラフィン、聖チェチーリア音楽院、テバルディ、ベルゴンツィ他 »