« バッハ ソロコンチェルト集3 /ライプツィッヒ・バッハ・コレギウム・ムジクム他 | トップページ | オルゴール/ディスク・オルゴールの魅力 »

2008年9月 6日 (土)

ボス・テナー/ジーン・アモンズ

P1010006 これは、1990年代に販売された、180gの重量盤LPである。新しい1980年代以降のレコードプレーヤに新しいタイプの特殊楕円針の付いたカートリッジで鳴らすなら、古い60年代以前の盤より鳴らしやすいかもしれない。

ジーン・アモンズを代表するような名盤であるので何度も聴きたくなるが、この盤だと良い装置で聴くとスピーカーが消える。録音時、他の楽器にどの程度マイクがかぶっているのかはっきりわかるような鮮度の高いカッティングでありプレスである。Fレンジもかなり広くてローエンドがかなり伸びている。拙宅にジャズの好きな人が来たときにかける頻度の高いLPだ。

|

« バッハ ソロコンチェルト集3 /ライプツィッヒ・バッハ・コレギウム・ムジクム他 | トップページ | オルゴール/ディスク・オルゴールの魅力 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バッハ ソロコンチェルト集3 /ライプツィッヒ・バッハ・コレギウム・ムジクム他 | トップページ | オルゴール/ディスク・オルゴールの魅力 »