« マルタ・アルゲリッチ・コレクション1より ~その2 | トップページ | マルタ・アルゲリッチ・コレクション1より ~その4 »

2008年10月 8日 (水)

マルタ・アルゲリッチ・コレクション1より ~その3

Scan10007 これは、1972年録音のリスト ロ短調ソナタとシューマン ト短調ソナタがカップリングされたもの。

個人的に、マルタ・アルゲリッチのピアノ独奏による録音の最盛期は、1970年代だと思っている。後になると室内楽などで他の演奏家に触発されながら良い意味でアルゲリッチらしい個性を発揮するようになってきており、若いころのようにピアノ独奏ですこぶる良い演奏が出来にくくなっているのではないかと心配もしてしまうくらいだ。

このCDに収められた2曲は、LPレコードで再生するのには非常に苦労すると思う。CDでなら簡単に得られる音質水準にまで持って行くのがかなり大変。状態の良い西独の初版盤などで、そのつもりでアナログ再生に取り組めば素晴らしい再生も可能だと思うが、わずか1枚あたり¥450のCDでこのくらい高水準な音質で聴けるのならCDで良い。

|

« マルタ・アルゲリッチ・コレクション1より ~その2 | トップページ | マルタ・アルゲリッチ・コレクション1より ~その4 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルタ・アルゲリッチ・コレクション1より ~その2 | トップページ | マルタ・アルゲリッチ・コレクション1より ~その4 »