« バッハ 無伴奏チェロ組曲/マイスキー | トップページ | ドヴォルザーク チェロ協奏曲、チャイコフスキー ロココの主題による変奏曲/ロストロポービッチ、カラヤン、BPO »

2008年11月10日 (月)

モーツァルト ピアノ協奏曲20番、27番/カーゾン、ブリテン、イギリス室内o.

Scan10003 これは、10月29日にご紹介した2枚組のCDの中におさめられた音源と同じモーツァルト ピアノ協奏曲20番、27番であり、SACD/CDハイブリッド盤である。

http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-25e0.html

このハイブリッド盤のCD層の音質は、10月29日にご紹介した2枚組のCDよりもはるかに良い。従来のDECCA Legends のシリーズは、96KHz24bit でおこしたデジタルマスターを使っているが、本SACD/CDハイブリッド盤はDSDによるマスターを使っていて、リマスターを慎重に行なっている。ピアノの粒立ち、オーケストラの解像度、バックグランドノイズの自然さ、いずれも本盤がまさる。まだSACD層を聴いていないが、こちらも期待がもてる復刻盤である。

ユニバーサル・ミュージックからは、もう2年以上もクラシックのSACDの新譜がない。本盤は、オーディオメーカーのEsoteric(TEACの高級オーディオのブランドで独立した子会社)が企画して発売したもので、ハード機器メーカーが主導しないと、やはりユニバーサルのクラシックのSACDの発売は困難であるのが現状のようだ。

このSACD/CDは、通常のCDソフトの販売ルートと異なり通常のCDショップでは買えない。オーディオ販売部門を持っている石丸には置いてあることを確認した。通常のCDの販売ルートでは、おそらくこの手の高音質復刻盤は全国で1000枚も売れないであろうが、Esotericは、オーディオショップのルートで限定3000枚の販売を予定している。オーディオショップでは、音質にこだわる客層ばかりだということと、従来盤とはっきり音質差がわかる機器で比較試聴ができることが大きいので、必然的に数多く売れるのだと思う。

Esoteric主導で発売したギュンター・ヴァントのブルックナー交響曲全集やベートーベン交響曲全集のSACD/CDは、価格が高かったのにもかかわらず完売し、今も買いそびれた人の中にはいまだに一生懸命探している人が居る。本盤も入手できるのは在庫がある間だけ、追加プレスは難しいと思った方が良い。

名曲だし演奏が素晴らしいから超お勧め盤だ。

|

« バッハ 無伴奏チェロ組曲/マイスキー | トップページ | ドヴォルザーク チェロ協奏曲、チャイコフスキー ロココの主題による変奏曲/ロストロポービッチ、カラヤン、BPO »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バッハ 無伴奏チェロ組曲/マイスキー | トップページ | ドヴォルザーク チェロ協奏曲、チャイコフスキー ロココの主題による変奏曲/ロストロポービッチ、カラヤン、BPO »