« チゴイナーワイゼン/フランチェスカッティ | トップページ | モーツァルト デュヴェルティメント17番/パイヤール、パイヤールCO. »

2008年11月29日 (土)

ファリャ ペドロ親方の人形芝居 ほか/ラトル、ロンドン・シンフォニエッタ

003 このLPは、1980年ごろ録音された、まだ若い新進気鋭の頃のサイモン・ラトルらによるファリャの室内オペラを中心としたものである。この当時は、ラトルがベルリンフィルの首席指揮者兼芸術監督なるなど、思いもよらなかった。

「ペドロ親方の人形芝居」は、題材はセルバンテスのドンキホーテからとられ、ファリャ自身の台本によっており、4年の歳月をかけて作曲された。短いしあまり上演されないオペラだが、この作品の素晴らしさはこのLPを聴けばわかる。

これ以外に、ファリャ作曲の、女声付きの室内音楽の「プシェ」と「ハープシコード協奏曲」が収録されている。

アナログ最末期の録音であり、音質はかなり良い。

|

« チゴイナーワイゼン/フランチェスカッティ | トップページ | モーツァルト デュヴェルティメント17番/パイヤール、パイヤールCO. »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チゴイナーワイゼン/フランチェスカッティ | トップページ | モーツァルト デュヴェルティメント17番/パイヤール、パイヤールCO. »