« J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲/寺神戸亮(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ) | トップページ | ファリャ 三角帽子、「はかなき人生」より間奏曲と舞曲/アンセルメ、スイスロマンドo. »

2008年12月22日 (月)

ドヴォルザーク 交響曲9番「新世界より」/ケルテス、ウィーンフィル

Scan10001 これは、今月発売されたばかりの、高級オーディオブランドのEsotericによるSACD/CDハイブリッド盤である。例によってSACDプレーヤーを持っていないので、CD層による印象を書いてみる。

この盤のライナーノーツによると、録音日時は、1961年3月22~24日で半世紀近く前のものであるが、ティンパニや大太鼓、低弦のうなりなど、素晴らしい音質で記録されている。高域方向にもレンジは広くすっきりした音に仕上がっていて、全く古さを感じない。演奏には定評のあるものだけに、ここまで音質が良いと本当に痺れてしまう。ケルテスはウィーンフィルを自分の楽器のように自在に操っていて、それを当時の技術でめいっぱいの高水準で記録した、という感じだ。

003 これは、キングレコードから1990年に発売された同じ音源のスーパー・アナログディスク。180gの重量盤LPだ。こちらには録音年が1960年と書かれている。この盤を買ってからでも18年の歳月が流れているのだが、音質的には、上の盤にかなわない。ややぼけて聴こえるのだ。

001 これは、知人からタダでいただいた昭和39年発売(第二版)の国内盤である。不思議なことに、Fレンジは狭いが音の鮮度ではスーパーアナログディスクよりも、古いこちらの方が優れている。レコード番号はSLC-1337で、レーベル面に溝があるものだ。スタンパーNo. ZAL-5172-6W/ZAL-5173-1E、SDLB 595 G-4/SDLB596B-12

002 そして、この盤の凄いのは、見開きのダブルジャケット仕様で、中に40ページ以上もの詳しい解説と、この曲の総譜(スコア)が付いていることだ。昔のLPレコードには、こういった豪華なものが普通に存在した。 

|

« J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲/寺神戸亮(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ) | トップページ | ファリャ 三角帽子、「はかなき人生」より間奏曲と舞曲/アンセルメ、スイスロマンドo. »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« J.S.バッハ 無伴奏チェロ組曲/寺神戸亮(ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ) | トップページ | ファリャ 三角帽子、「はかなき人生」より間奏曲と舞曲/アンセルメ、スイスロマンドo. »