« リタ・シュトライヒの芸術 | トップページ | ヴェリズモ・アリア集/パヴァロッティ »

2009年1月16日 (金)

ウィーンのナイチンゲール/リタ・シュトライヒ

Scan10003 一昨日にご紹介した10枚組のセットを持っているくせに、またこんなセットを買ってしまった。こちらは8枚組で2003年に発売されたものだ。昨年末、これが地元のCD屋で¥4200という安い値段で売られていたからだ。

10枚組の国内盤と収載曲がダブっているものも多いが、こちらの方がオペラのアリアが多く、初CD化となるモーツァルトの「バスティアンとバスティエンヌ」全曲が収載されており、録音されたものの今まで未発表だったものも収録されているものがある。

8枚のうち実質4枚まではオペラ・アリアであり、彼女がオムニバスで録音したオペラアリアはこのセットでほとんど全部聴けるので、オペラ歌手としてのリタ・シュトライヒを聴くのなら一昨日ご紹介したものよりこちらの方がいい。逆に、こちらには世界の民謡集などが省かれている。

同じ音源を比較すると、リマスターが新しいからなのかこちらの方が圧倒的に音質がいい。欠点は輸入盤なので日本語の解説が無いことである。

|

« リタ・シュトライヒの芸術 | トップページ | ヴェリズモ・アリア集/パヴァロッティ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リタ・シュトライヒの芸術 | トップページ | ヴェリズモ・アリア集/パヴァロッティ »