« スター・ダスト/ライオネル・ハンプトン | トップページ | マーラー 交響曲第三番/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 »

2009年2月27日 (金)

マーラー 交響曲第二番「復活」/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団

Scan10001

これは、デヴィッド・ジンマンとチューリッヒ・トーンハレ交響楽団が進めているマーラー・チクルスの中の1枚で、DSD録音によるSACD/CDハイブリッド盤である。第一番はすでにこちらでご紹介している。http://musickp.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_b3e6.html

最初に買った第一番が思いのほか良かったので、続けて他のものも買って聴いている。現在まで一番から六番までがすでにリリースされている。これらは、演奏でも録音でも統一感があり、個人的にはみな良い演奏、良い録音のものばかりである。

第二番は、第一楽章と終楽章が特に優れている。録音については、SACDプレーヤーを持っていないのでCD層のみの感想であるが、しなやかでダイナミックレンジも広く、音場が綺麗に広がる良い録音だと思う。これだけの新録音のSACD/CDハイブリッド盤なのに、価格は輸入盤で¥1300程度と安い。理由は、このマーラー・チクルスの録音に対して企業がスポンサーになってお金が出ているからである。非常に有難い企画である。

|

« スター・ダスト/ライオネル・ハンプトン | トップページ | マーラー 交響曲第三番/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スター・ダスト/ライオネル・ハンプトン | トップページ | マーラー 交響曲第三番/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 »