« オリジナル・ジャケット・コレクション(80CD)/グールド | トップページ | マーラー 交響曲第二番「復活」/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 »

2009年2月25日 (水)

スター・ダスト/ライオネル・ハンプトン

Scan10004 これは、1947年8月4日、カリフォルニア州パサデナ、シヴィック・オーディトリアムでのライヴ録音である。録音が古いのであるが、演奏は実に素晴らしい。

このCDの中で、ライオネル・ハンプトンが演奏しているのは1曲だけだが、ライオネル・ハンプトンだけがいいのではない。他のミュージシャン全てが、ノリにノって素晴らしいセッションを展開している。実際、ハンプトンが居ないほかの曲も実に良い雰囲気で聴ける。だから60年以上経った今も名盤として聴き継がれているのだろう。

尚、このCDは国内盤でルビジウム・クロック・カッティングによるハイクオリティ・サウンドなんだそうである。クォーツよりも正確に時を刻むルビジウムを全てのデジタル機器に同期させると音質が向上するのは良く知られている。この時代の古い音源をそこまでして果たしてメリットがあるかどうかはわからないが、演奏が貴重だけに少しでも良い音でリスナーに届けようというレコード会社の意気込みが伝わってくる。

|

« オリジナル・ジャケット・コレクション(80CD)/グールド | トップページ | マーラー 交響曲第二番「復活」/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリジナル・ジャケット・コレクション(80CD)/グールド | トップページ | マーラー 交響曲第二番「復活」/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 »