« ビゼー 真珠採り 全曲/プレートル、パリ国立歌劇場 他 | トップページ | オペラアリア集/ロスアンヘレス »

2009年2月 4日 (水)

歌の世界/ロス・アンヘレス

002 このLPは、1960年代半ばに録音されたビクトリア・ロス・アンヘレスが歌っているもので、英国盤。国内盤を持っていたが、あまりにも音質が違うので、国内盤は処分した。

このLPは、ビクトリア・ロス・アンヘレスの魅力が凝縮している。昔からの愛聴盤である。彼女はスペイン生まれのリリック・ソプラノであるが、スペインのサルスエラも含め、フランス語、イタリア語、ドイツ語、英語、ポルトガル語での歌を無理なく原語で歌っている。実際彼女は5~6ヶ国語で会話が出来たそうである。しかもギターが得意で、コンサートのアンコールには、ギターを弾きながらスペイン歌曲を歌ったりしていた。このLPは、指揮がラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス/シンフォニア・オブ・ロンドンの伴奏で、選曲も良くどの歌も魅力に富んでいる。

収録曲

歌の翼に :メンデルスゾーン
君を愛す :グリーク
ブラームスの子守歌 :ブラームス
アイルランドの子守歌
ラ・パロマ イラディエール
サルスエラ「セベデの娘」~カルセレラス :チャピ など

私は、この人の歌うオペラ「椿姫」「カルメン」「はかなき人生」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「セビリャの理髪師」は大好きで、いずれもその曲の個人的ベスト1になる。歌曲、宗教曲でも「フォーレのレクイエム」「オーベルニュの歌」などはこの人の歌っているものを聴くことが多い。

|

« ビゼー 真珠採り 全曲/プレートル、パリ国立歌劇場 他 | トップページ | オペラアリア集/ロスアンヘレス »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビゼー 真珠採り 全曲/プレートル、パリ国立歌劇場 他 | トップページ | オペラアリア集/ロスアンヘレス »