« ブルックナー 交響曲9番/ヴァント、ベルリンフィル | トップページ | ブルックナー 交響曲8番、9番/ヴァント、北ドイツ放送O. »

2009年3月30日 (月)

ブルックナー 交響曲8番/ヴァント、ベルリンフィル

Scan10009 ブルックナーの第8交響曲は、ブルックナーの交響曲の中で一番深遠な響きのする曲である。そして、完成された中では一番最後のものである。

そして、ヴァントの生涯最後のベルリンフィルとの演奏がこのCDのものだという。実は、このCDはSACDを聴かせてもらってその音の良さに感心したものだから、SACDプレーヤーを持っていないので、通常CDならどうだろうかということで、買ってみたもの。

演奏はさすがに素晴らしい。ベルリンフィルがあるときはうなるように怒涛のように鳴り響く。CDでもそれは充分に伝わってくる。第8交響曲は、ある意味、ブルックナーの作品の中でいちばんとっつきにくい。だが、同時に最高傑作でもあるという事は、このCDを聴いてわかったような気がする。

|

« ブルックナー 交響曲9番/ヴァント、ベルリンフィル | トップページ | ブルックナー 交響曲8番、9番/ヴァント、北ドイツ放送O. »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブルックナー 交響曲9番/ヴァント、ベルリンフィル | トップページ | ブルックナー 交響曲8番、9番/ヴァント、北ドイツ放送O. »