« マーラー 交響曲第三番/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 | トップページ | マーラー 交響曲第五番/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 »

2009年3月 4日 (水)

マーラー 交響曲第四番/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団

Scan10003 これも、ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団によるマーラー・チクルスの1枚。1番、4番、5番は1枚もので¥1000を切り、2番、3番、6番は2枚組で¥1300位なのが外盤の現在の実勢価格である。それで、DSD録音、SACD/CDハイブリッド盤なのだから、お買い得なのは間違いない。

4番は長大なマーラーの交響曲の中にあって一番短くて美しいフレーズが多く、最終楽章はソプラノ独唱にオーケストラが伴奏を付けているようなタイプの交響曲だ。美しく奏でているという点については全くもって美しい演奏であるし、録音もそれを引き立てている。終楽章の独唱者のルバ・オルゴナソヴァはずいぶんしっかりと歌っているような印象を持った。子供っぽいところが全く無いがスケールの大きい大人びた歌い方でしっかりと締めている。

|

« マーラー 交響曲第三番/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 | トップページ | マーラー 交響曲第五番/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーラー 交響曲第三番/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 | トップページ | マーラー 交響曲第五番/ジンマン、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団 »