« マーラー 『子供の不思議な角笛』/シュワルツコップ、フィッシャー=ディースカウ、セル&ロンドン響 | トップページ | コッペリア、レ.シルフィード/カラヤン、ベルリンフィル »

2009年4月24日 (金)

エルガー チェロ協奏曲/フルニエ、ウォーレンシュタイン、ベルリンフィル

003 これは、1960年代終わりごろの録音のLPで、ドイツの初期盤である。

エルガーのチェロ協奏曲というと、デュ・プレ、バルビローリ盤の評価が高く英国プレスのLPレコードを持っているが、個人的な愛聴盤は、このフルニエ盤である。

この演奏の弱点もよくわかる。ウォーレンシュタイン、ベルリンフィルがあまりにもエルガーらしい雰囲気でない演奏をしているのである。しかし、独奏チェロをよく聴きこむと、フルニエのチェロは、この協奏曲でもしなやかでエルガーの音楽を美しく優雅に奏でていることがわかる。またそれに加えてスケールが大きい。フルニエの大ファンとしてはこの盤は、オリジナル盤かオリジナルに近いドイツ盤で聴きたい。復刻CDでも出ているが、音質はいまいちだ。

|

« マーラー 『子供の不思議な角笛』/シュワルツコップ、フィッシャー=ディースカウ、セル&ロンドン響 | トップページ | コッペリア、レ.シルフィード/カラヤン、ベルリンフィル »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マーラー 『子供の不思議な角笛』/シュワルツコップ、フィッシャー=ディースカウ、セル&ロンドン響 | トップページ | コッペリア、レ.シルフィード/カラヤン、ベルリンフィル »