« マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その2) | トップページ | マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その4) »

2009年7月31日 (金)

マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その3)

Scan10021 これは、1970年の録音で、当時は夫だったシャルル・デュトワの指揮でロイヤル・フィルハーモニーとのチャイコフスキー、ピアノ協奏曲1番である。非常に情熱的で気力あふれる名演の誉れ高いものだ。さらにこのCDでは、1988年録音のメンデルスゾーンのヴァイオリン、ピアノと弦楽のための協奏曲がカップリングされている。ヴァイオリンはギドン・クレーメル、指揮なしのオルフェウス室内管とのものである。

Scan10014 これが1989年に発売されたそのCD。このCDでは、ギドン・クレーメルの独奏によるヴァイオリン協奏曲がカップリングされていた。デジタル初期録音のものであるが、これはLPでは見たことが無い。おそらくCDでしか発売されなかったのだと思う。

003 これは、チャイコフスキー、ピアノ協奏曲1番のLPである。オリジナル盤ではないがドイツプレスの輸入盤である。やはりこれもCDよりは音質が良いので、まだ捨てられない。ただ、アルゲリッチには、1980年2月のキリル・コンドラシン、バイエルン放送交響楽団とのライヴ録音のものがあり、それもLPで持っている。

001 こちらの方がさらに白熱したスリリングな演奏で、アルゲリッチの良さが出た演奏だと思うし、キリル・コンドラシンとバイエルン放送響もアルゲリッチに一歩もひけをとらない演奏であるので、今となっては若干物足りない気がしないでもない。ドイチェ・グラモフォンもフィリップスも同じユニバーサル・ミュージック傘下なのだから、このライヴも今回のCDセットの中に入れて欲しかったというのは贅沢な要望であろうか。

|

« マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その2) | トップページ | マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その4) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その2) | トップページ | マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その4) »