« オペラ間奏曲集/カラヤン、ベルリンフィル | トップページ | マーラー 大地の歌/クレンペラー、ニュー・フィルハーモニア管、ブンダーリッヒ、ルートビッヒ »

2009年7月10日 (金)

フライデイナイト・イン・サンフランシスコ/アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリン、パコ・デ・ルシア

004 これは、1980年代初頭のポピュラー、ジャズ系の名盤のひとつ。三人のジャンルも違う国籍も異なる名手が集まって繰り広げられたアコースティックギターによる音楽のバトルである。ポピュラー・ミュージックにおけるアコースティック・ギターの可能性を全世界に知らしめたような演奏。こちらは米国CBSコロムビアのLPだ。

005 これは、同じ音源の盤であるがスペイン・フィリップスのもの。アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリンは、CBSコロムビア系のレコード会社の専属であったが、パコ・デ・ルシアだけはフィリップスの専属であったため、パコの国であるスペインではフィリップスから発売されたのであろう。どちらの盤も初出盤だが、米国CBSコロムビア盤の方がギターの音の切れが良く音質的に優れている。マスターもCBSコロムビアが持っているのだと思う。

Scan10024 これは10年以上前に出た、米コロムビアの高音質純金蒸着CDである。当時確か¥3800くらいしたはずである。当時は非常に優れた復刻だと思ったが、現在発売されている通常の米国CDの方が高域が綺麗に伸びて音質も良いように思う。

私は、パコ・デ・ルシアを良く聴くが、彼は、アル・ディ・メオラ、ジョン・マクラフリンと出会って彼らのポピュラー・ジャズ・フュージョンの音楽から多大なインスピレーションをもらい、その後のフラメンコ・ギターの音楽を大きく変えてしまった。その結果、フラメンコギターの音楽はより多くの人に聴かれるようになったが、フラメンコの伝統的な部分で捨て去られてしまったものがあることも否定できない。そのターニング・ポイントとなったアルバムがこれである。パコ・デ・ルシアのフラメンコのCDでお勧めなのは、この盤より前のものならば「二筋の川」、これ以後であれば「シロッコ~熱風」が良いと思う。

|

« オペラ間奏曲集/カラヤン、ベルリンフィル | トップページ | マーラー 大地の歌/クレンペラー、ニュー・フィルハーモニア管、ブンダーリッヒ、ルートビッヒ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オペラ間奏曲集/カラヤン、ベルリンフィル | トップページ | マーラー 大地の歌/クレンペラー、ニュー・フィルハーモニア管、ブンダーリッヒ、ルートビッヒ »