« マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その6) | トップページ | アルゲリッチ 第7回ワルシャワ国際ショパンコンクールライヴ »

2009年8月10日 (月)

マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その7)

Scan10025 これは、マルタ・アルゲリッチ・コレクション2の最後のCDであり、ベートーベン、ピアノ協奏曲2番、3番が入っている。共演者はアバド、マーラー室内管でライヴ録音である。2番のほうはシノーポリとの旧録音があり、しかもそれが極めつけの名演であるのだが、アバドとの新しい録音は、より落ち着いて風格が増した感じに聴こえる。

3番のほうは21世紀になってからの録音で、マルタ・アルゲリッチ・コレクション2の中で一番新しい録音である。今まで録音をしなかったものであるが、やはり情熱のほとばしりのような若いときの演奏スタイルではないが、天才的なきらめきや計算された音楽表現には巨匠の境地に入らんとするアルゲリッチの円熟した芸術が聴けるように思う。

録音は新しいこともあってライヴ録音の不利を感じさせない。

最後に、この7枚組のCDセット、非常に中身が濃く駄盤は1枚も無い。しかもリマスターされ直されて音質も向上し、それでいて価格は異常に安い。お買い得のセットであるので強力にお勧めする。

|

« マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その6) | トップページ | アルゲリッチ 第7回ワルシャワ国際ショパンコンクールライヴ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マルタ・アルゲリッチ・コレクション2(その6) | トップページ | アルゲリッチ 第7回ワルシャワ国際ショパンコンクールライヴ »