« ブラームス ピアノ三重奏曲1、2番/ピリス、デュメイ、ワン | トップページ | ヘンデル 水上の音楽、王宮の花火の音楽/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン »

2009年9月11日 (金)

ヴィオラ・ダ・ガンバのための作品集/パール、フライブルク・バロック・オーケストラ

Scan10015 これは、ガンバ奏者のヒレ・パールが、フライブルク・バロック・オーケストラと共演したもので、テレマンの曲が集められたSACD/CDハイブリッド盤である。

フライブルク・バロック・オーケストラはヨーロッパでとても人気のある古楽器のオーケストラで、ヴァイオリンの独奏はペトラ・ミュレヤンスが担当している。

ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のためのソナタ ロ短調
ヴァイオリン、ヴィオラ・ダ・ガンバと通奏低音のための協奏曲ニ長調
ヴィオラ・ダ・ガンバ、2つのヴァイオリンと通奏低音のための協奏曲イ長調
ヴィオラ・ダ・ガンバ、弦楽と通奏低音のための組曲ニ長調
ヴィオラ(・ダ・ガンバ)、弦楽と通奏低音のための協奏曲ト長調

この録音はかなり良い。また、再生装置にはあるていどの高品位なものでないと、収められた音楽の良さも充分に引き出せない可能性がある。SACDプレーヤーを持っていないがCDのみの盤がないのでハイブリッド盤を買ったが、ハイブリッド盤のCD層は音質的にシングルレイヤーのCDより不利であり、この盤も例外ではない。

テレマンの音楽は、モダン楽器での演奏よりもこのような古楽器のほうがその本領をより発揮できるような気がしてならない。

|

« ブラームス ピアノ三重奏曲1、2番/ピリス、デュメイ、ワン | トップページ | ヘンデル 水上の音楽、王宮の花火の音楽/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブラームス ピアノ三重奏曲1、2番/ピリス、デュメイ、ワン | トップページ | ヘンデル 水上の音楽、王宮の花火の音楽/サヴァール、ル・コンセール・デ・ナシオン »