« ベルリオーズ 幻想交響曲/ミュンシュ、ボストン交響楽団 | トップページ | ストラヴィンスキー 春の祭典/アバド、ロンドン交響楽団 »

2009年9月26日 (土)

ストラヴィンスキー プルチネルラ/アバド、ロンドン交響楽団他

001 これは、1978年録音、1979年に発売されたアナログ録音末期のもので、LPで2組所有している。左はオリジナル西ドイツ盤で、右は1993年に限定復刻された国内発売の180g重量盤で、プレスはドイツで行なわれ、ジャケットは日本で造られたもの。

クラウディオ・アバドという指揮者は、レパートリーが広くオペラから現代音楽まで沢山の録音があるが、このプルチネルラはその中でも特に優れたものだと言える。プルチネルラは、もともとペルゴレージなどのイタリア古典の作品を素材にしてバレエ音楽に仕上げたものだが、曲そのものはストラヴィンスキーならではの個性的なものになっている。間に歌われるペルゴレージなどの歌劇のアリアがまた素晴らしく、この舞台作品を引き締めている。歌手もテレサ・ベルガンサなど良い歌手が参加していることもこの録音の魅力を高めている。

アバドは、明晰さと明るさ、卓越したリズム感覚でこの曲を纏め上げている。録音も素晴らしく、全く古さを感じさせない。オリジナル盤と復刻盤では若干音質に違いがある。音の濃さではオリジナル盤が上回る。

|

« ベルリオーズ 幻想交響曲/ミュンシュ、ボストン交響楽団 | トップページ | ストラヴィンスキー 春の祭典/アバド、ロンドン交響楽団 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベルリオーズ 幻想交響曲/ミュンシュ、ボストン交響楽団 | トップページ | ストラヴィンスキー 春の祭典/アバド、ロンドン交響楽団 »