« ベートーベン 交響曲全集/シュミット=イッセリシュテット、ウィーンフィル | トップページ | Aria/グローヴァー・ワシントンJr »

2009年10月16日 (金)

バッハ、グバイドゥーリナ/ヴァイオリン協奏曲/ムター、ゲルギエフ、LSO

Scan10022 これは、昨年発売された、アンネ・ゾフィー・ムターによる、大バッハとソフィア・グバイドゥーリナのヴァイオリン協奏曲がカップリングされたCDである。

バッハのヴァイオリン協奏曲は、トロンハイム・ソロイスツとの共演である。こちらは他に沢山の名演奏があるし、この録音は取り立てて素晴らしいものとは思われない。

ソフィア・グバイドゥーリナのヴァイオリン協奏曲は、ムターが委嘱した作品で、世界初演も彼女が行なっていて、世界初録音であり、録音に作曲者が立ち会っていることで、今後歴史的な記録になるかもしれない。現代音楽であるが決して聴きにくい作品ではない。個人的にはとてもいい作品だと思うが、今後、名曲として残るのか忘れ去られるのかは、もう少し年月を経ないとわからないだろう。

|

« ベートーベン 交響曲全集/シュミット=イッセリシュテット、ウィーンフィル | トップページ | Aria/グローヴァー・ワシントンJr »

音楽」カテゴリの記事

コメント

4月の来日で日本初演するらしいですね。
できれば聴きに行きたいです。

投稿: たけちゃん | 2010年1月 7日 (木) 12時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーベン 交響曲全集/シュミット=イッセリシュテット、ウィーンフィル | トップページ | Aria/グローヴァー・ワシントンJr »