« バッハ ゴールドベルク変奏曲/セリーヌ・フリッシュ | トップページ | サント・クロワ・デュ・モンのオルガンを弾く/レオンハルト »

2009年10月23日 (金)

ルイ・クープラン ジロラモ・フレスコバルディ ハープシコード作品集/レオンハルト

Scan10020 グスタフ・レオンハルトは、古楽器再興の立役者の一人で、指揮者としてもオルガン奏者としても有名であるが、なんといってもチェンバロの演奏家としての大家である。これは2002年の発売。

レオンハルトは1928年生まれで、高齢のためか1990年代半ばを境に録音から遠ざかっていたが、21世紀になってαレーベルから出たのには驚いた。αレーベルは録音は良いが、メジャーレーベルに比肩できるだけのアーチストが居なかった。それを考えても、この録音はレオンハルト本人の強い希望があったのかもしれない。

フレスコバルディやルイ・クープランは17世紀前半の作曲家で、バッハやヘンデル、フランソワ・クープランよりも半世紀~1世紀前の時代のバロック音楽である。

録音が良く非常に繊細で雅な音楽が楽しめる。この繊細さはアナログLPで出そうと思っても非常に苦労すると思う。

|

« バッハ ゴールドベルク変奏曲/セリーヌ・フリッシュ | トップページ | サント・クロワ・デュ・モンのオルガンを弾く/レオンハルト »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バッハ ゴールドベルク変奏曲/セリーヌ・フリッシュ | トップページ | サント・クロワ・デュ・モンのオルガンを弾く/レオンハルト »