« フリッツ・クライスラーに捧ぐ 第二集/アッカルド | トップページ | クール・ストラッテン/ソニー・クラーク »

2009年12月11日 (金)

チェット・ベイカー/チェット

004 これは、何度と無く復刻再発されているジャズの名盤。静かでロマンティックな感じのジャズである。ピアノをビル・エヴァンスが弾いているのも良い。

このLPレコードは1990年代半ばにAnarogue Productionsから限定発売されたHQ180g重量盤である。すこぶる音質が良い。Anarogue Productionsから現在はSACDが限定で発売されているようだが、ぶ厚くビビッドに響いて鳴るアナログLPの方が良いという人も多いようだ。

これは買っておいて良かったと思う1枚。

|

« フリッツ・クライスラーに捧ぐ 第二集/アッカルド | トップページ | クール・ストラッテン/ソニー・クラーク »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フリッツ・クライスラーに捧ぐ 第二集/アッカルド | トップページ | クール・ストラッテン/ソニー・クラーク »