« サンソン・フランソワ/ショパン 未発表録音集 | トップページ | マーラー 交響曲 8番/ジンマン、チューリヒ・トーンハレ »

2010年4月30日 (金)

ブラームス ヴァイオリンソナタ集/ムター、オーキス

Scan10052これは、昨年録音され最近発売されたアンネ・ゾフィー・ムター とランベルト・オーキスによるブラームスのヴァイオリンソナタ集である。

ムターは30年位前にもワイゼンベルクと組んでブラームスのヴァイオリンソナタを録音していたが、今回の新録音はムターの嗜好がより鮮明になった感じの演奏で、より自由にテンポや強弱を付けてムター節のブラームスに仕上がっている。で、それが成功しているかというとモーツアルトのソナタほど賛同できかねる。CDの時代になってからのブラームスのヴァイオリンソナタでは、デュメイとピリスのコンビによるものが素晴らしいと思うが、それと比べてしまうと、決して悪い演奏ではないけれど、もう少し何か足りないような気がしてならない。

|

« サンソン・フランソワ/ショパン 未発表録音集 | トップページ | マーラー 交響曲 8番/ジンマン、チューリヒ・トーンハレ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« サンソン・フランソワ/ショパン 未発表録音集 | トップページ | マーラー 交響曲 8番/ジンマン、チューリヒ・トーンハレ »