« ベートーベン ヴァイオリン協奏曲/フェラス、カラヤン、BPO | トップページ | 煙が目にしみる/エディ・ヒギンズ&スコット・ハミルトン »

2010年6月29日 (火)

マーラー 交響曲「大地の歌」/ライナー、シカゴSO.

Scan10066これは、1959年録音のRCA Living Stereoによるステレオ初期の復刻SACD/CDハイブリッド盤である。

LP時代には、この演奏の世評はそれほど高いものではなく、ワルターやクレンペラー、バーンスタイン盤の後塵を拝する感じであったが、現時点で聴いてみて、演奏の質の高さはこれら定評ある名盤に決して劣らない。

ライナー、シカゴ交響楽団は極めて実直にマーラーの音楽を奏で、フォレスター(コントラルト)、ルイス(ソプラノ)の二人の歌手の歌も素晴らしいとうならざるを得ない。

ところで、このSACD/CD復刻盤のマスタリング作業で判明したことがあって、きちんと正常な状態に戻してリマスターされているらしい。

この録音時には、3チャンネルのマルチトラックレコーダーが使われていたが、録音時に、3チャンネルのうちの一つのチャンネルが、誤って逆の位相で録音されていたことが判明した。このミスは11月7日の初日のセッション後に発見されたようで、2日後に行われた2回目のセッションでは正しく修正されたらしい。詳しいことは、HMVのサイトを見て欲しい。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/2553033

ということは、過去に発売されたLPやCDは、逆位相のまま発売されていたわけで、きちんとしたのを聴くのには、これでなければならないということか?このSACD/CD復刻盤の音質は1959年の録音としては非常に素晴らしいものといえる。LP派の方もこの盤は入手しておいたほうがいい。

|

« ベートーベン ヴァイオリン協奏曲/フェラス、カラヤン、BPO | トップページ | 煙が目にしみる/エディ・ヒギンズ&スコット・ハミルトン »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ベートーベン ヴァイオリン協奏曲/フェラス、カラヤン、BPO | トップページ | 煙が目にしみる/エディ・ヒギンズ&スコット・ハミルトン »